FC2ブログ

獲物を探すコミミズク

今日は今シーズン初めて目にしたコミミズクをご紹介します。

コミミズク(Short-eared Owl)は北アメリカ、南アメリカ、アフリカ北部、ユーラシア、西インド諸島、ガラパゴス諸島、フォークランド諸島、台湾、日本、ハワイ諸島、ミクロネシアに分布する体長33~40cmのフクロウ科トラフズク属の鳥で、分布域により11亜種に分かれており、日本には北アメリカ、ヨーロッパ、アフリカ北部、アジア北部で繁殖する基亜種Asio flammeus flammeusが冬季に越冬のため全国的に飛来することが知られています。

明るいうちから河川敷に姿を見せたコミミズク。低空飛翔しながら盛んに獲物を探していました。

20210205コミミズク-31

20210205コミミズク-33

20210205コミミズク-38

こちら側に顔を向けました。この人面顔がなんとも魅力的です。

20210205コミミズク-35

20210205コミミズク-36

20210205コミミズク-41

20210205コミミズク-42

20210205コミミズク-43

今日はバーダーに大変人気のあるコミミズクをご紹介しましたが、同じトラフズク属のトラフズク(Long-eared Owl)に比べ人気が高いのは、明るいうちから飛び始め、その愛嬌ある人面顔を見せてくれるからなのでしょうか・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ