FC2ブログ

桜の花芽にやって来るウソ

今日はクラインガルテン近くの山地で目にしたウソをご紹介します。

ウソ(Eurasian Bullfinch)はヨーロッパからアジアの北部にかけて広く分布する体長15.5~16cmのアトリ科ウソ属の鳥で、分布域により10亜種に分かれており、日本では①千島列島から日本の北部で繁殖する亜種ウソ(Pyrrhula pyrrhula griseiventris)が本州中部以北の亜高山帯などで繁殖し冬季は九州以北の低地に移動し越冬するほか、②サハリンで繁殖する亜種アカウソ(Pyrrhula pyrrhula rosacea)が冬鳥とて飛来、③また、稀な冬鳥として、シベリア東部で繁殖する亜種ベニバラウソ(Pyrrhula pyrrhula cassinii)の記録があります。

林道脇の桜の花芽を食べていた亜種ウソのオス。オスは額から頭頂、腮が黒く、頬から喉は赤色、後頸から背、胸から腹が灰色なのが特徴です。

20210213ウソ-1

20210213ウソ-3

20210213ウソ-6

20210213ウソ-7

こちらは上記亜種ウソと一緒にいた亜種アカウソのオス。亜種ウソのオスは胸から腹が灰色なのに対し、亜種アカウソは淡い紅色が入っているのが特徴です。

20210213ウソ-37

20210213ウソ-38

20210213ウソ-39

こちらは同じく一緒にいたメス。亜種ウソのメスともよく似ていますが、体下面はブドウ褐色みが強く、外側尾羽に白い軸斑が見られることから亜種アカウソのメスではないかと思われます。

20210213ウソ-27

20210213ウソ-25

20210213ウソ-26

今日は今シーズン初めて目にした亜種ウソと亜種アカウソをご紹介しましたが、両者は食性が同じであることから混群となって移動することが多いようで、同じ場所で両亜種が一緒に見られるのは嬉しいことでもあります・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ