fc2ブログ

フィリピンオビオウギビタキ

フィリピン探鳥の続きで、今日はパラワン島で目にしたフィリピンオビオウギビタキをご紹介します。

フィリピンオビオウギビタキ(Philippine Pied Fantail)はフィリピン全土に分布する体長18~19cmのオウギビタキ科オウギビタキ属のフィリピンの固有種で、かっては東南アジア、スマトラ、ボルネオ、ジャワ、バリ、ロンボクなどにかけ広く分布するムナオビオウギビタキ(Malaysian Pied Fantail)の亜種だったものが独立種としてスプリットしたもので、胸にはムナオビオウギビタキ同様、帯状の斑があるのが特徴です。

パラワン島の熱帯雨林の林縁で目にしたフィリピンオビオウギビタキ。東南アジアから大スンダ列島、小スンダ列島にかけて分布するムナオビオウギビタキにもよく似ていますが、こちらは白色の眉斑が太くはっきりしています。

20231121フィリピンオウギビタキ-25

20231121フィリピンオウギビタキ-23

20231121フィリピンオウギビタキ-26
20231121フィリピンオウギビタキ-14

20231121フィリピンオウギビタキ-10

20231121フィリピンオウギビタキ-15

20231121フィリピンオウギビタキ-16

20231121フィリピンオウギビタキ-21
a>

かってのムナオビオウギビタキからスプリットしたフィリピンの固有種フィリピンオビオウギビタキをご紹介しましたが、ご参考までに以前タイで目にしたムナオビオウギビタキをご紹介します・・・

ムナオビオウギビタキ(タイ)


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ムナグロオウギビタキ

フィリピン探鳥の続きで、今日はミンダナオ島で目にしたムナグロオウギビタキをご紹介します。

ムナグロオウギビタキ(Black-and-cinnamon Fantail)はフィリピン・ミンダナオ島の山岳地帯だけに生息する体長約16cmのオウギビタキ科オウギビタキ属のフィリピンの固有種で、分布域により2亜種に分かれており、今回目にしたのはミンダナオ島北部・西部・東部に分布する亜種Rhipidura nigrocinnamomea hutchinsoniと思われます。

ミンダナオ島北部の山岳地帯で目にしたムナグロオウギビタキ。英名のように黒色の頭頚部とそれ以外はシナモン色ではっきりと分かれており、その対比が実に鮮やかでした。(ミンダナオ島中部・南部に分布する基亜種Rhipidura nigrocinnamomea nigrocinnamomeaは胸が白色)

20231113ムナグロオウギビタキ-3

20231113ムナグロオウギビタキ-4

20231113ムナグロオウギビタキ-5

特徴である扇状の尾を少し広げてくれました。

20231113ムナグロオウギビタキ-6

20231113ムナグロオウギビタキ-7

今日はミンダナオ島の山岳地帯だけに生息するムナグロオウギビタキをご紹介しましたが、和名はムナグロとなっていますが、実際には胸というよりは喉の辺りまでしか黒くなく、名前としては英名の方がしっくりくるように感じました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

アオサンコウチョウ

フィリピン探鳥の続きで、今日はパラワン島で目にしたアオサンコウチョウをご紹介します。

アオサンコウチョウ(Blue Paradise Flycatcher)はパラワン島およびその周辺エリアだけに分布する体長22cm(♂)、19cm(♀)のカササギヒタキ科サンコウチョウ属のフィリピンの固有種で、名前のようにオスでは全身明るい青色で、短い冠羽があるのが特徴です。

熱帯雨林の薄暗い場所に姿を見せたアオサンコウチョウのオス。シャッタースピードが上がらず鮮明な写真ではありませんが・・・

20231122アオサンコウチョウ-1

20231122アオサンコウチョウ-2

20231122アオサンコウチョウ-3

今日はパラワン島およびその周辺エリアだけに生息するアオサンコウチョウのオスをご紹介しましたが、全身が独特の明るい青色で大変魅力的なサンコウチョウでした・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

フジイロヒタキ

フィリピン探鳥の続きで、今日はミンダナオ島で目にしたフジイロヒタキをご紹介します。

フジイロヒタキ(Short-crested Monarch)はパラワン島、ミンドロ島、フィリピン中西部、スールー諸島を除くフィリピン全土に分布する体長約14cmのカササギヒタキ科クロエリヒタキ属のフィリピンの固有種で、分布域により3亜種に分かれており、今回目にしたのはディナガット島、シアルガオ島、ミンダナオ島東部に分布する亜種Hypothymis helenae agusanaeでした。

熱帯雨林の森で木の上部にいたフジイロヒタキのオス。英名のように短い冠羽のある明るい青色のクロエリヒタキの仲間で、腹は白く、見た目にも大変美しい鳥でした。

20231118フジイロヒタキ-6

20231118フジイロヒタキ-2

20231118フジイロヒタキ-1

今日はミンダナオ島で目にしたフジイロヒタキをご紹介しましたが、本種は撮影難易度の高い鳥として知られており、今回も高木の上部で動き回っており撮影は困難を極めましたが、何とかその姿を捉えられただけでも幸運だったと言えます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

カオグロバンケン

フィリピン探鳥の続きで、今日はミンダナオ島で目にしたカオグロバンケンをご紹介します。

カオグロバンケン(Black-faced Coucal)はフィリピン中東部とミンダナオ島エリアに分布する体長42~48cmのカッコウ科バンケン属のフィリピンの固有種で、名前のように灰褐色の体上部に顔だけが黒色というかなりインパクトのあるバンケンの仲間です。

熱帯雨林の森でひっそりととまっていたカオグロバンケン。上半身しか見えないのが少し残念です。

20231118カオグロバンケン-1

20231118カオグロバンケン-5

20231118カオグロバンケン-2

20231118カオグロバンケン-7

20231118カオグロバンケン-10

20231118カオグロバンケン-9

今日はミンダナオ島で目にしたカオグロバンケンをご紹介しましたが、この特異な顔つきのバンケンとの出会いは忘れられない思い出となりました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

フィリピンオウチュウカッコウ

フィリピン探鳥の続きで、今日はミンダナオ島で目にしたフィリピンオウチュウカッコウをご紹介します。

フィリピンオウチュウカッコウ(Philippine Drongo-Cuckoo)はパラワン島およびその周辺を除くフィリピン全土に分布する体長約23cmのカッコウ科オウチュウカッコウ属のフィリピンの固有種で、分布域により3亜種に分かれており、今回目にしたのはフィリピン中東部、南部に位置するボホール島、レイテ島、サマール島、ミンダナオ島、バシラン島に分布する基亜種Surniculus velutinus velutinusです。

熱帯雨林の森で目にしたフィリピンオウチュウカッコウ。見た目にはオウチュウにもよく似ていますが、オウチュウに比べ嘴が細長く湾曲しており、尾羽の切れ込みもほとんど見られません。

20231118フィリピンオウチュウカッコウ-27

20231118フィリピンオウチュウカッコウ-23

20231118フィリピンオウチュウカッコウ-20

20231118フィリピンオウチュウカッコウ-24

今日はパラワン島エリアを除くフィリピン全土に分布するフィリピンオウチュウカッコウをご紹介しましたが、ご参考までに以前ベトナムで目にしたヒマラヤ北西部から中国南東部、タイ、マレーシア、大スンダ列島、パラワンにかけて分布するオウチュウカッコウのブログをご紹介します・・・

オウチュウカッコウ(ベトナム)


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

マダラナキサンショウクイ

フィリピン探鳥の続きで、今日はミンダナオ島で目にしたマダラナキサンショウクイをご紹介します。

マダラナキサンショウクイ(Pied Triller)はマレー半島からスマトラ、ジャワ、バリ、ボルネオ、フィリピンにかけて分布する体長16.5~18cmのサンショウクイ科Lalage属(ナキサンショウクイ属?)の鳥で、分布域により3亜種に分かれており、今回目にしたのはボルネオおよび、その周辺諸島、フィリピンに分布する基亜種Lalage nigra nigraで、名前のように体全体が白黒のまだら模様のサンショウクイです。

ローカル空港に隣接する広大な湿地帯で目にしたマダラナキサンショウクイのオス。(メスは灰色みが強く、胸から腹には黒褐色の細い横斑がある)

20231119マダラナキサンショウクイ-2

20231119マダラナキサンショウクイ-1

20231119マダラナキサンショウクイ-4

20231119マダラナキサンショウクイ-5

今日はLalage属(ナキサンショウクイ属?)の鳥マダラナキサンショウクイをご紹介しましたが、英名のTrillerは甲高い声で鳴くその鳴き声から付けられたと思われ、それが和名にも反映しているものと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コベニサンショウクイ

フィリピン探鳥の続きで、今日はパラワン島で目にしたコベニサンショウクイをご紹介します。

コベニサンショウクイ(Fiery Minivet)はマレー半島、スマトラ、ボルネオ、パラワンに分布する体長15~16.5cmのサンショウクイ科サンショウクイ属の鳥で、2亜種に分かれており、今回目にしたのはマレー半島からスマトラ(北西部のシムルエ島を除く)、ボルネオ、パラワンにかけて分布する基亜種Pericrocotus igneus igneusで、見た目には和名のように体長17~19cmのベニサンショウクイ(Grey-chinned Minivet)を一回り小さくしたような感じの美しいサンショウクイでした。

遠くの木で飛び回っていた紅色のオス。

20231121コベニサンショウクイ-10

20231121コベニサンショウクイ-11

20231121コベニサンショウクイ-1

20231121コベニサンショウクイ-5

20231121コベニサンショウクイ-7

20231121コベニサンショウクイ-9

こちらは黄色いメス

20231121コベニサンショウクイ-13

20231121コベニサンショウクイ-14

今日はフィリピンではパラワン島だけに分布するコベニサンショウクイをご紹介しましたが、パラワン島は地理的にはボルネオに最も近く、生物学的にはフィリピンの中でも特異な地域と言えそうです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

フィリピンオウム

フィリピン探鳥の続きで、今日はパラワン島で目にしたフィリピンオウムをご紹介します。

フィリピンオウム(Red-vented Cockatoo)はかってはフィリピン全土に広く分布していたものの、現在はパラワン島およびその周辺とスールー諸島だけに局所的に分布すり体長30~31cmのオウム科オウム属のフィリピンの固有種で、全身白色で英名のように下尾筒が橙色なのが特徴です。

夕刻、海岸近くのリゾートホテル中庭から目にしたフィリピンオウム。このホテル中庭のヤシの木が塒だそうで、70~80羽ほどの群れがホテル周辺を飛び交っていました。

20231121フィリピンオウム-19

20231121フィリピンオウム-3

20231121フィリピンオウム-4

20231121フィリピンオウム-6

20231121フィリピンオウム-18

20231121フィリピンオウム-17

20231121フィリピンオウム-15

20231121フィリピンオウム-14

20231121フィリピンオウム-11

20231121フィリピンオウム-13

今日はパラワン島およびその周辺とスールー諸島のごく限られた場所でしか見られない絶滅危惧種フィリピンオウムをご紹介しましたが、このような貴重な種が滅びないことを祈るばかりです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

バンジロウインコ

フィリピン探鳥の続きで、今日はミンダナオ島で目にしたバンジロウインコをご紹介します。

バンジロウインコ(Guaiabero)はフィリピン中西部、パラワン島、スールー諸島を除くフィリピン全土に分布する体長15~16.5cmのインコ科Bolbopsittacus属(バンジロウ属?)のフィリピンの固有種で、分布域により4亜種に分かれており、今回目にしたのミンダナオ島だけに生息する亜種Bolbopsittacus lunulatus mindanensisです。全身緑色の愛らしいインコでオスは額から喉にかけて空色なのが特徴のようです。なお、このちょっと変わった名前の由来ですが、英名はグァバを好んで食べることから、和名はグァバの和名バンジロウ(蕃石榴)から来ていると思われます。

夢中で果実を食べていたバンジロウインコ。この個体は額から喉にかけて空色みがないことからメスと思われます。

20231117バンジロウインコ-4

20231117バンジロウインコ-5

20231117バンジロウインコ-8

20231117バンジロウインコ-9

20231117バンジロウインコ-10

20231117バンジロウインコ-1

今日はちょっと変わった名前のバンジロウインコをご紹介しましたが、名前の由来が分かるとより親しみが湧いてきます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

シュバシサトウチョウ

今日はミンダナオ島で目にしたシュバシサトウチョウをご紹介します。

シュバシサトウチョウ(Philippine Hanging Parrot)はパラワン島およびその周辺を除くフィリピン全土に分布する体長14~15cmのインコ科Loriculus属(サトウチョウ属?)のフィリピンの固有種で、分布域により9亜種に分かれており、今回目にしたのはフィリピン南部のミンダナオ島、ディナガト島、シアルガオ島、バゾル島、バルート島に分布する亜種Loriculus philippensis apicalisで、和名のように嘴が朱色の美しいインコでした。

こちらは頭頂と嘴、喉から上胸、腰、上尾筒が朱色のオス。(メスは喉から上胸の朱色斑がなく額のみ朱色)

20231113シュバシサトウチョウ-7

20231113シュバシサトウチョウ-3

20231113シュバシサトウチョウ-5

20231113シュバシサトウチョウ-6

下側の個体は喉から上胸の朱色斑がないことからメスのように思われますが、赤色部が頭頂にもあることからオスの若い個体なのかも知れません・・・

20231114シュバシサトウチョウ (1 - 6)

20231114シュバシサトウチョウ (2 - 6)

20231114シュバシサトウチョウ (3 - 6)

今日はフィリピンの固有種シュバシサトウチョウをご紹介しましたが、頭頂から嘴、喉から上胸が鮮やかな朱色のこの小型のインコは何とも愛らしく魅力的でした・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ムネアカゴシキドリ

フィリピン探鳥の続きで、今日はミンダナオ島で目にしたムネアカゴシキドリをご紹介します。

ムネアカゴシキドリ(Coppersmith Barbet)はパキスタン北東部、インド、スルランカから中国南部、ミャンマー、タイ、インドシナ、マレー半島、スマトラ、ジャワ、バリ、フィリピンにかけて広く分布する体長15~17cmのオオゴシキドリ科オオゴシキドリ属の鳥で、和名のように胸や前頭部に鮮やかな赤斑があり、眼の周りは黄色で背面は緑色、腹には緑色の縦斑があるのが特徴です。また、本種は分布域により9亜種に分かれており、今回目にしたのはフィリピン・ミンダナオ島に分布する固有亜種Psilopogon haemacephalus mindanensisと思われます。

遠くの木にとまっていたムネアカゴシキドリ。(左はアカカンムリハチクイ)

20231119ムネアカゴシキドリ-7

20231119ムネアカゴシキドリ-2

20231119ムネアカゴシキドリ-3
20231119ムネアカゴシキドリ-6

20231119ムネアカゴシキドリ-4

こちらは別の場所で目にしたムネアカゴシキドリ。

20231116ムネアカゴシキドリ-6

20231116ムネアカゴシキドリ-3

今日はムネアカゴシキドリのミンダナオ亜種をご紹介しましたが、本種は9亜種に分かれていますが、そのうち6亜種がフィリピンに分布しており、改めて島国フィリピンの種多様性を考えさせられます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

フィリピンコゲラ

フィリピン探鳥の続きで、今日はミンダナオ島で目にしたフィリピンコゲラをご紹介します。

フィリピンコゲラ(Philippine Pygmy Woodpecker)はパラワン島とスールー諸島を除くフィリピン全土に分布する体長13~14cmん0キツツキ科Yungipicus属(コゲラ属?)のフィリピンの固有種で、分布域により3亜種に分かれており、今回目にしたのはフィリピン中東部とミンダナオ島およびその周辺に分布する亜種Yungipicus maculatus fulvifasciatusと思われます。

山地の道路わきの開けた場所で目にしたフィリピンコゲラ。この個体は後頭に赤色斑がないことからメスと思われます。

20231120フィリピンコゲラ-1

20231120フィリピンコゲラ-5

20231120フィリピンコゲラ-7

20231120フィリピンコゲラ-8

今日はフィリピンの固有種フィリピンコゲラをご紹介しましたが、本種はかっては日本のアカゲラなどと同じDendrocopos属(アカゲラ属)に分類されていましたが、その後、分子系統解析により日本のコゲラなどとともにYungipicus属(コゲラ属?)に分類されているようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コガネゲラ

フィリピン探鳥の続きで、今日はミンダナオ島で目にしたコガネゲラをご紹介します。

コガネゲラ(Buff-spotted Flameback)はフィリピンの中東部、南部に分布する体長28~34cmのキツツキ科Chrysocolaptes属のフィリピンの固有種で分布域により3亜種に分かれており、今回目にしたのはミンダナオ島に分布する亜種Chrysocolaptes lucidus montanusと思われます。なお、コガネゲラはかってはインドからヒマラヤ、マレー半島、スマトラ、ボルネオ、大スンダ列島、:フィリピンにかけて広く分布していたコガネゲラ(旧称) からルソンコガネゲラ、キガオコガネゲラ、ズアカコガネゲラ、ジャワコガネゲラ、セアカコガネゲラなどとともにスプリットしたものと思われます。

遠くの木に一瞬止まったコガネゲラ。この個体は頭部が赤色であることからオスと思われます。(メスは黄金色)

20231114コガネゲラ (1 - 2)

その後近くにやって来ましたが、撮影できたのは後ろ姿と顔だけでした・・・

20231114コガネゲラ (4 - 3)

20231114コガネゲラ (5 - 3)

かってはインドからヒマラヤ、マレー半島、スマトラ、ボルネオ、大スンダ列島、:フィリピンにかけて広く分布していたコガネゲラ(旧称) からスプリットしたフィリピン南部の固有種コガネゲラをご紹介しましたが、ご参考までに以前の分類では同じコガネゲラに分類され、現在はオオコガネゲラ(Greater Flameback)となっている以前タイで目にした当時のコガネゲラ(旧称)のブログをご紹介します・・・

旧称コガネゲラ(オオコガネゲラ)(タイ))


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

キタタキ

フィリピン探鳥の続きで、今日はミンダナオ島で目にしたキタタキをご紹介します。

キタタキ(White-bellied Woodpecker)はインド、ミャンマー、タイ、インドシナ、中国南部、朝鮮半島、マレー半島、スマトラ、ジャワ、バリ、ボルネオ、フィリンピンにかけて広く分布する体長40~48cmのキツツキ科クマゲラ属の鳥で、分布域により実に15亜種に分かれており、今回目にしたのはフィリピン南部のバシラン島、ディナガット島、ミンダナオ島に分布する亜種Dryocopus javensis multilunatusでした。なお、日本では朝鮮半島に分布する亜種Dryocopus javensis richardsiが留鳥として対馬に分布していましたが、1920年に雌雄が採集されたのを最後に絶滅したようです。

林縁の開けた場所で目にしたキタタキのペア。額から後頭、顎線が赤いのがオスで、後頭部のみ赤いのがメスです。


20231117キタタキ-3

20231117キタタキ-5

オスを大きくトリミングしてみました。よく似たクマゲラが全身黒色なのに対し、キタタキは英名のように腹が白色なのが最大の特徴です。

20231117キタタキ-6


20231117キタタキ-8

20231117キタタキ-15

20231117キタタキ-16

20231117キタタキ-17

こちらは赤色部分が後頭だけのメス。

20231117キタタキ-7

20231117キタタキ-9

今日は日本では既に絶滅しているキタタキのフィリピン南部の亜種をご紹介しましたが、別亜種とは言えキタタキを見たのは今回が初めてであり、嬉しい出会いとなりました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

セジロカワセミ

フィリピン探鳥の続きで、今日はミンダナオ島で目にしたセジロカワセミをご紹介しkます。

セジロカワセミ(Southern Silvery Kingfisher)はフィリピン南部のミンダナオ島、バシラン島、ディナガット島、シアルガオ島に分布する体長約14cmのカワセミ科ミツユビカワセミ属のフィリピンの固有種で、全身ほぼ黒色で、名前のように額、頭側、頸、中雨覆、上背が白色で、腰と中央尾羽は空色みを帯びた白色という独特の雰囲気を持ったカワセミです。

ミンダナオの山地の景勝地で遥か遠くにとまっていたセジロカワセミ。もう少し近くから撮影しようと移動した直後飛び去ってしまい、その後姿を見せてくれませんでした。

20231119セジロカワセミ-5

今日は黒くて小さく愛らしいフィリピンン固有のカワセミ、セジロカワセミをご紹介しましたが、もし再び訪れる機会があればもう少し近くからじっくり撮影してみたいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ナンヨウショウビン

フィリピン探鳥の続きで、今日はミンダナオ島で目にしたナンヨウショウビンをご紹介します。

ナンヨウショウビン(Collared Kingfisher)はアフリカ北東部、紅海西岸からアラビア半島、インド沿岸部、東南アジア、小スンダ列島にかけて分布する体長約24cmのカワセミ科ナンヨウショウビン属の鳥で、分布域により14亜種に分かれており、今回、当地で目にしたのはフィリピンに生息する固有亜種Todiramphus chloris collarisです。なお、日本では迷鳥として南西諸島(宮古島、石垣島、西表島、与那国島)で記録がありますが、渡来する亜種は今回と同じ亜種Todiramphus chloris collarisとされています。

ローカル空港横の湿地帯で目にしたナンヨウショウビン。頭部と背以下の体上面は一様に青く、腮以下の体下面は白色で、黒い過眼線と眼の前方に白く細い眉斑があるのが特徴です。

20231118ナンヨウショウビン-1

20231118ナンヨウショウビン-7

20231118ナンヨウショウビン-8

こちらは海岸線のレストランで目にしたナンヨウショウビン。日差しが強く本来の美しい青色が出ません。

20231112ナンヨウショウビン-2

20231112ナンヨウショウビン-4

ナンヨウショウビンはかっては現在の分布エリアだけでなく、太平洋の島々、オーストラリアを含めた広いエリアに分布する種として分類され、近年、以下の5種が別種としてスプリットした経緯があるようで、以下の5種を含めると以前は実に50亜種に分かれていたことになり、太平洋エリアの島の多さを改めて考えされられます・・・
・トレスショウビン(3亜種)
・ルイジアードショウビン
・マリアナショウビン(3亜種)
・メラネシアショウビン(7亜種)
・タイヘイヨウショウビン(22亜種)


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

チャムネショウビン

フィリピン探鳥の続きで、今日はミンダナオ島で目にしたチャムネショウビンをご紹介します。

チャムネショウビン(Brown-breasted Kingfisher)はパラワン島とスールー諸島を除くフィリピン全土に分布する体長26.5~28cmのカワセミ科アカショウビン属のフィリピンの固有種で、かっては中近東から東南アジア、中国南部・東部、台湾にかけて広く分布するアオショウビン(White-throated Kingfisher)の亜種とされていたものが独立種となったものです。

キャンプ場中庭で目にしたチャムネショウビン。よく似たアオショウビンは喉から胸が白色なのに対し、こちらは胸以下の体下面は全面的に赤茶色でした。

20231112チャムネショウビン-1

20231112チャムネショウビン-3

20231112チャムネショウビン-4

20231112チャムネショウビン-5

20231112チャムネショウビン-6

今日は従来のアオショウビンから別種として分かれたフィリピンの固有種チャムネショウビンをご紹介しましたが、名前のように胸からの体下面全体が赤茶色であり、形態的にも別種となったことに納得できました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

トモエガモの飛翔シーン

昨日の続きで、今日は同じく地元の貯水池にやって来たトモエガモ(Baikal Teal)の飛翔シーンをご紹介します。

この日は久し振りに20数羽のトモエガモが沖合で羽根を休めていましたが・・・

20240109トモエガモ-11

20240109トモエガモ-12

貯水池管理のボートが動き始めた途端、一斉に飛び出しました。

20240109トモエガモ-9

20240109トモエガモ-10

20240109トモエガモ-19

そして上空鵜を何度も旋回した後、たまたま雪を頂いた富士山をバックに飛んでくれました・・・

20240109トモエガモ-15

20240109トモエガモ-16

20240109トモエガモ-17

今日は富士山をバックに飛翔したトモエガモをご紹介しましたが、このようなチャンスは滅多になく、思い出に残るシーンとなりました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ホオジロガモの飛翔シーン

昨日ご紹介したホオジロガモ(Common Goldeneye)ですが、何かに驚いたのか突然飛び出しました。急いでレンズを向けたのが以下のシーンです。

こちらは成鳥のメスの飛翔シーンです。こげ茶色の頭部に嘴先端の橙色と黄白色の虹彩が印象的です。

20240109ホオジロガモ-28

20240109ホオジロガモ-29

20240109ホオジロガモ-30

20240109ホオジロガモ-31

20240109ホオジロガモ-32

その後、2羽が一緒になって飛び去っていきました。

20240109ホオジロガモ-35

20240109ホオジロガモ-36

20240109ホオジロガモ-37

20240109ホオジロガモ-38

今日はホオジロガモの飛翔シーンをご紹介しましたが、カモたちのこのような動きを見るのも冬の楽しみの一つです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ホオジロガモの羽ばたき

今日は地元の貯水池にやって来たホオジロガモの羽ばたきシーンをご紹介します。

ホオジロガモ(Common Goldeneye)はユーラシア北部と北アメリ北部で繁殖し、冬季はヨーロッパ南部、アジア南東部、北アメリカ南部で越冬する体長約45cmのカモ科ホオジロガモ属の鳥で、分布域により2亜種に分かれており、日本にはユーラシア北部で繁殖する基亜種ホオジロガモ(Bucephala clangula clangula)が冬鳥として九州以北に渡来することが知られています。

沖合で潜水を繰り返していた2羽のホオジロガモ。左側の個体は頭部が暗褐色で、嘴は黒く先端が橙色で、虹彩は黄白色であることからメスと思われますが、右側の個体は嘴先端の橙色がはっきりせず、虹彩も鈍いことから幼鳥ではないかと思われます。

20240109ホオジロガモ-16

20240109ホオジロガモ-23

20240109ホオジロガモ-1

メスが突然羽ばたきを始めました。体下面は光線の関係で白っぽく写っていますが、何とかメスの特徴である白い頸輪を確認することができます。

20240109ホオジロガモ-2

20240109ホオジロガモ-3

20240109ホオジロガモ-4

20240109ホオジロガモ-5

20240109ホオジロガモ-6

20240109ホオジロガモ-7

翼を閉じかけるところですが、翼上面にメスの特徴である3本の白帯を何とか確認することができます。

20240109ホオジロガモ-8

今日はホオジロガモのメスの羽ばたきシーンをご紹介しましたが、このような羽ばたきや飛翔時には、泳いでいる時には確認しづらいそれぞれの特徴が確認できることがあり、単にポーズが面白いだけではない価値があります・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

カラスに追い出されたミサゴ

今日は地元の貯水池で目にしたカラスに追い出されたミサゴをご紹介します。

貯水池右岸にやって来たミサゴ(Osprey)ですが、この時期増えてきたハシブトガラス(Large-billed Crow)が追い出しにかかりました。

20240107ミサゴ-41

ミサゴに突っかかるハシブトガラス

20240107ミサゴ-42

たまりかねて飛び出したミサゴ

20240107ミサゴ-43

20240107ミサゴ-44

20240107ミサゴ-46

20240107ミサゴ-47

20240107ミサゴ-49

20240107ミサゴ-52

今日はハシブトガラスに追い出されたミサゴをご紹介しましたが、ハシブトガラスにとって天敵ではないミサゴを追い出すのはやはり自分たちの縄張りに入って来た目障りな存在という理由からなのでしょうか・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ミコアイサの飛翔

今日は地元の貯水池にやって来たミコアイサ(Smew)の飛翔シーンをご紹介します。

この日は遠くの沖合で11羽の群れが潜水採餌を繰り返していましたが、何かに驚いたのか突然飛び出しました。急いでレンズを向けたのが以下の飛翔シーンです。よく見るとオス4羽とメスタイプ7羽が湖面低くを直線的に飛翔していました。

20240107ミコアイサ-100

20240107ミコアイサ-106

20240107ミコアイサ-105

20240107ミコアイサ-104

オスとメスタイプの個体を比較して見ると頭部と顔の違いはあるものの、翼上面はほとんど差がないことが分かります。

20240107ミコアイサ-101

20240107ミコアイサ-102

20240107ミコアイサ-103

今日はミコアイサの飛翔シーンをご紹介しましたが、このように翼を広げると翼の羽衣の形態をよく観察することができます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ウソ

今日は地元の森で目にしたウソをご紹介します。

ウソ(Eurasian Bullfinch)はヨーロッパからアジアの北部にかけて広く分布する体長15.5~16cmのアトリ科ウソ属の鳥で、分布域により10亜種に分かれており、日本では①千島列島から日本の北部で繁殖する亜種ウソ(Pyrrhula pyrrhula griseiventris)が本州中部以北の亜高山帯などで繁殖し冬季は九州以北の低地に移動し越冬するほか、②サハリンで繁殖する亜種アカウソ(Pyrrhula pyrrhula rosacea)が冬鳥とて飛来、③また、稀な冬鳥として、シベリア東部で繁殖する亜種ベニバラウソ(Pyrrhula pyrrhula cassinii)の記録があります。

ルリビタキを撮影している時、突然現れた亜種ウソのメス。メスは頬から喉は赤くなく、頬から体下面、背が灰褐色なのが特徴です。

20220102ウソ-8

20220102ウソ-7

20220102ウソ-4

20220102ウソ-11

20220102ウソ-10

ルリビタキを撮っている時、突然現れたウソですが、まさかこのような場所で目にするとは思ってもなく、嬉しい出会いとなりました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ルリビタキ

先日もご紹介した地元の森で越冬中のルリビタキ(Red-flanked Bluetail)ですが、この日もその愛らしい姿を見せてくれました。

地面近くの細枝にとまったルリビタキのオス。渡来当初はシャイだったこの個体もようやく人慣れしたのか、暫くの間この場所でサービスしてくれました。

20220102ルリビタキ-4

20220102ルリビタキ-12

20220102ルリビタキ-13

20220102ルリビタキ-10

20220102ルリビタキ-5

20220102ルリビタキ-1

20220102ルリビタキ-7

今日は地元で越冬中のルリビタキをご紹介しましたが、この愛らしい小鳥は何度も見ても飽きることがありません・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

オビロヨタカ

フィリピン探鳥の続きで、今日はパラワン島で目にしたオビロヨタカをご紹介します。

オビロヨタカ(Large-tailed Nightjar)はインド南部からオーストラリア北部、ニューギニア、ビスマルク諸島にかけて分布する体長25~29cmのヨタカ科ヨタカ属の鳥で、分布域により6亜種に分かれており、今回目にしたのはパラワン島およびその周辺で生息する亜種Caprimulgus macrurus johnsoniです。

昨日のパラワンガマグチヨタカのいた林に隣接する資材置き場にいたオビロヨタカのパラワン亜種。名前のように尾が長く幅も広いのが特徴のようです。

20231121オビロヨタカ-3

20231121オビロヨタカ-6

20231121オビロヨタカ-4

20231121オビロヨタカ-8

20231121オビロヨタカ-9

今日はパラワン島で目にしたオビロヨタカのパラワン亜種をご紹介しましたが、昨日のパラワンガマグチヨタカといい、何の変哲もない市街地で目にできるとは何とも驚きです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

パラワンガマグチヨタカ

フィリピン探鳥の続きで、今日はパラワン島で目にしたパラワンガマグチヨタカをご紹介します。

パラワンガマグチヨタカ(Palawan Frogmouth)はパラワン島およびその周辺とボルネオ北部のバンジ島に分布する体長19~25cmのガマグチヨタカ科ガマグチヨタカ属の鳥で、かってはジャワガマグチヨタカ(Javan Frogmouth)の亜種だったものが、タイ北部、ミャンマー南部、ベトナム中部からマレー半島、スマトラ、ボルネオにかけて分布するコガマグチヨタカ(Blyth's Frogmouth)とともに別種として分割されたものです。

パラワン島の市街地の林で目にしたパラワンガマグチヨタカ。頭部や腮、喉の長く伸びた羽衣が何とも異様な雰囲気を醸し出しています。

20231121パラワンガマグチヨタカ-2

20231121パラワンガマグチヨタカ-3

20231121パラワンガマグチヨタカ-6

20231121パラワンガマグチヨタカ-7

20231121パラワンガマグチヨタカ-8

20231121パラワンガマグチヨタカ-9

20231121パラワンガマグチヨタカ-10

今日はパラワン島およびその周辺とボルネオ北部のバンジ島だけに分布するパラワンガマグチヨタカをご紹介しましたが、ご参考までに、かっては同じジャワガマグチヨタカの亜種として分類されていた、タイで目にしたコガマグチヨタカのブログをご紹介します。

コガマグチヨタカ(タイ)


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

フィリピンガマグチヨタカ

フィリピン探鳥の続きで、今日はミンダナオ島で目にしたフィリピンガマグチヨタカをご紹介します。

フィリピンガマグチヨタカ(Philippine Frogmouth)はパラワン島とミンドロ島を除くフィリピン全土に分布する体長約25cmのガマグチヨタカ科ガマグチヨタカ属のフィリピンの固有種で、分布域により3亜種に分かれており、ミンダナオ島ではフィリピン東中部・南部のサマール島、レイテ島、ボホール島、ミンダナオ島、バシラン島に分布する基亜種Batrachostomus septimus septimusの生息が知られています。

ミンダナオオオコノハズク、ミンダナオコノハズクと同じく、山地のキャンプ場の近くに現れたフィリピンガマグチヨタカ。名前のようにカエルのような大きな口が印象的で、今回目にした基亜種は3亜種中最も体色が淡いのが特徴だそうです。

20231113フィリピンガマグチヨタカ-1

20231113フィリピンガマグチヨタカ-2

20231113フィリピンガマグチヨタカ-3

20231113フィリピンガマグチヨタカ-8

20231113フィリピンガマグチヨタカ-11

20231113フィリピンガマグチヨタカ-14

20231113フィリピンガマグチヨタカ-15

今日は独特の風貌をしたフィリピンの固有種フィリピンガマグチヨタカをご紹介しましたが、ご参考までに、以前スリランカで目にしたセイロンガマグチヨタカ、タイで目にしたコガマグチヨタカ、オーストラリアで目にしたオーストラリアガマグチヨタカ、パプアガマグチヨタカをご紹介します。

セイロンガマグチヨタカ(スリランカ)

コガマグチヨタカ(タイ)

オーストラリアガマグチヨタカ(オーストラリア)

パプアガマグチヨタカ(オーストラリア)


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ミンダナオコノハズク

フィリピン探鳥の続きで、今日はミンダナオ島で目にしたミンダナオコノハズクをご紹介します。

ミンダナオコノハズク(Mindanao Scops Owl)はミンダナオ島の山地だけに生息する体長約19cmのフクロウ科コノハズク属のフィリピンの固有種で、全身暗褐色で顔には小さな斑が点在し、虹彩は僅かに橙色みを帯びた黄色なのが特徴です。

昨日のミンダナオオオコノハズク同様、山地のキャンプ場の近くに現れたミンダナオコノハズク。見た目は日本で見られるコノハズク(Japanese Scops Owl)とよく似ていますが、体全体が黒っぽい印象でした。

20231112ミンダナオコノハズク-2

20231112ミンダナオコノハズク-5

20231112ミンダナオコノハズク-4

20231112ミンダナオコノハズク-7

20231112ミンダナオコノハズク-8

20231112ミンダナオコノハズク-9

今日はミンダナオ島の山地だけに生息するミンダナオコノハズクをご紹介しましたが、通常、標高1,000m位から見られ、多くは1,500m以上の山地で生息しているそうです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ミンダナオオオコノハズク

フィリピン探鳥の続きで、今日はミンダナオ島で目にしたミンダナオオオコノハズクをご紹介します。

ミンダナオオオコノハズク(Everett's Scops Owl)はフィリピン中東部、南部のボホール島、レイテ島、サマール島、ミンダナオ島、バシラン島に分布する体長約22cmのフクロウ科コノハズク属のフィリピンの固有種で、全身暗褐色で虹彩は暗赤褐色なのが特徴です。

暗くなってからキャンプ地の近くに現れたミンダナオオオコノハズク。見た目は日本で見られるオオコノハズク(Japanese Scops Owl)とよく似ていますが、一回り小さい印象でした。

20231112ミンダナオオオコノハズク-4

20231112ミンダナオオオコノハズク-5

20231112ミンダナオオオコノハズク-6

今日はフィリピン中東部と南部だけに分布するフィリピンの固有種ミンダナオオオコノハズクをご紹介しましたが、さすが大小7,000を超える島からなるフィリピン、固有種の多さには驚かされるばかりです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
12 | 2024/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ