コヒバリ、カンムリヒバリ

モンゴルシリーズの続きで、今日は同じくヒバリ科の仲間。コヒバリとカンムリヒバリをご紹介します。

最初はコヒバリです。
コヒバリ(Asian Short-toed Lark)は中国、インド、イラン、イラク、カザフスタン、日本、北朝鮮、韓国、モンゴル、ミャンマー、パキスタン、ロシア、トルコ、トルクメニスタンなどに分布し、日本では数少ない旅鳥または冬鳥としてやって来ます。

砂漠を移動中、草原で目にしたコヒバリ。ヒメコウテンシにも似ていますが、嘴は短くて丸みがあり、三列風切は短く、初列風切の突出が長いのが特徴です。

コヒバリ1

コヒバリ2

冠羽を立てたところ・・・

コヒバリ3

コヒバリ4

こちらは別の場所で目にしたコヒバリ。初列風切の突出が長いのが分かります・・・

コヒバリ5

コヒバリ6

コヒバリ7

コヒバリ9

次は日本ではまだ記録がないカンムリヒバリです。

カンムリヒバリ(Crested lark)はポルトガルから中国北東部にかけてのユーラシア大陸温帯やアフリカで繁殖するヒバリの仲間で、名前のごとく独特の冠羽を持っています。

コヒバリのいた場所近くにいたカンムリヒバリ。コヒバリに比べ嘴が細く、独特の冠羽が眼を引きます・・・

カンムリヒバリ1

カンムリヒバリ2

カンムリヒバリ3

今日は昨日に続き、同じくヒバリ科の仲間2種をご紹介しましたが、さすが草原の国モンゴル、ヒバリ類の種類は多彩です・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる