ルリガラ

モンゴルシリーズの続きで、今日は日本では一度だけ記録のあるルリガラをご紹介します。

ルリガラ(Azure tit)はロシア西部からウラル地方、中央アジア北部、沿海州、中国東北部にかけて分布し、日本では迷鳥として1987年に北海道利尻島で一度だけ記録があるようです。

ルリガラは河川敷や湖畔の灌木林を好むようで、今回訪れた場所も河川近くの灌木林でした。顔から下面は白く、名前(英名のAzureは紺碧の意味)のように上面の青と白の色合いがとても印象的でした。

ルリガラ4

ルリガラ5

ルリガラ6

ルリガラはシジュウカラ科の鳥ですが、他のカラ類に比べ尾羽が長いようです・・・

ルリガラ7

ルリガラ8

ルリガラ9

ルリガラ10

今日は日本では一度だけ記録のあるルリガラをご紹介しましたが、ルリガラはモンゴルにおいても何処でも見られる鳥ではないようで、そんな希少種のルリガラを初めて目にした時には、思わず「やったー」と叫んでいました・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる