オオノスリ

モンゴルシリーズの続きで、今日は砂漠地帯で何度も目にしたオオノスリをご紹介します。

オオノスリ(Upland buzzard)は中国北東部やモンゴル、チベットなどの中央アジアで繁殖し、冬季は中国東南部やミャンマー、インド、朝鮮半島で越冬。日本では稀な冬鳥として北海道、本州、佐渡、九州、対馬、奄美諸島、沖縄諸島、与那国島で記録があるようです。日本で観察できるノスリの仲間では最も大きく(体長621~72cm)、尾羽の横じま模様に特徴があります。

早朝、砂漠の真ん中で休んでいたオオノスリ。虹彩が淡黄色であることから幼鳥と思われます(成鳥は虹彩が暗褐色)。

オオノスリ10

オオノスリ11

飛び出しました・・・

オオノスリ13

オオノスリ14

オオノスリ16

こちらは別の場所で目にしたホバリングするオオノスリ。こちらも虹彩が淡黄色っぽいことから幼鳥かと思われます。

オオノスリ7

オオノスリ6

オオノスリ8

オオノスリ9

今日は初見のオオノスリをご紹介しましたが、日本では稀にしか見ることのできないオオノスリも繁殖地であるモンゴルではごく普通に見られるようで、ちょっとあっけない出会いとなりました・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる