クロハゲワシ

モンゴルシリーズの続きで、今日は日本でも記録のあるクロハゲワシをご紹介します。

クロハゲワシ(Cinereous vulture)はヨーロッパ南部からトルコ、中央アジア、チベット、中国東北部に分布し、大部分の個体は留鳥ですが、一部の個体は冬季インドや西南アジアへ渡り越冬。日本では迷鳥として、北海道、南千島、本州、佐渡、四国、九州、対馬、先島諸島で記録があり、日本で記録されたワシタカ類中最大(体長100~110cm)で、全身が褐色の羽毛で覆われ、頸部は襟巻き状の羽毛で覆われています。また、頭部には羽毛がなく灰色の皮膚が露出しているほか、嘴は太く、鉤状になり先端部が黒いのが特徴です。

山岳地帯の上空を飛翔していたクロハゲワシ。

クロハゲワシ1

クロハゲワシ2

翼は幅があり、尾は短めの丸尾(まるび)なのも特徴です・・・

クロハゲワシ3

クロハゲワシ4

クロハゲワシ5

今日は日本でも記録のあるタカ科のクロハゲワシをご紹介しましたが、余談ですが、よく似た外見と食性を持つ北米~南米に生息するコンドル科の仲間は、以前より比較解剖学的特長によりコウノトリと近縁なのではという指摘があったそうですが、近年の遺伝子解析により、やはりコウノトリに近縁なタクソン(分類群)であることが確認されているようです。これらの関係はよく似たツバメ科とアマツバメ科の鳥たちとの関係によく似ていますね・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる