ハチクマ

モンゴルシリーズの続きで、今日は日本でもお馴染みのハチクマをご紹介します。

ハチクマ(Crested honey buzzard)はロシアのバイカル湖付近から極東地域、サハリン、中国東北部にかけての地域とインドから東南アジアで繁殖し、北方で繁殖した個体は冬季南下して、インドや東南アジア方面の地域に渡り越冬。日本では夏鳥として渡来し、九州以北の各地で繁殖することが知られています。

繁殖地に向かう渡りの途中なのか、早朝、砂漠の真ん中で休んでいた下面が淡褐色のハチクマのオス。最初、遠くから見た時はてっきりソウゲンワシかと思いましたが、よく見るとハチクマでした。オスでは虹彩が暗色か暗赤色(メスは黄色)であることから雌雄を識別することができます。

ハチクマ1

ハチクマ2

こちらは逆光でクリアな写真ではありませんが、別個体のハチクマのオス。この個体は体下面が褐色の横斑で覆われていました。

ハチクマ5

ハチクマ3

飛び上がったところ。オス成鳥の特徴である尾翼の2本の黒色帯を確認することができます。

ハチクマ4

今日は渡りの途中、砂漠で休んでいたハチクマをご紹介しましたが、ハチクマは体下面と下雨覆の羽色が変化に富んでおり、淡色型から暗色型、さらにその中間的な茶色型や無斑で白っぽいもの、横斑や縦斑があるものなど、様々なタイプが存在することが知られています。今回は幸運にも比較的近距離からそんなハチクマを観察することができました・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる