エリグロアジサシ、ベニアジサシ

宮古島シリーズの最後に、今日は同じく海岸線で目にしたエリグロアジサシとベニアジサシをご紹介します。

最初はエリグロアジサシです。
エリグロアジサシ(Black-naped tern)はインド洋、太平洋南西部、東南アジアの島々、オーストラリア北部で繁殖し、非繁殖期は周辺海域に広く分布。日本では夏鳥として種子島、馬毛島、奄美諸島、琉球諸島などの小島や岩礁で繁殖するほか、稀に台風などの影響で北海道、本州、四国、九州、伊豆諸島、南鳥島などで記録があるようです。

海面近くを飛翔していた成鳥夏羽のエリグロアジサシ。名前のように後頭のはちまき状の黒斑が印象的です。

エリグロアジサシ2

エリグロアジサシ3

エリグロアジサシ5

エリグロアジサシ1

エリグロアジサシ6

エリグロアジサシ7

次は同じく海岸線で目にしたベニアジサシです。

ベニアジサシ(Roseate tern)はイギリス、デンマークやアフリカ、インド洋の島、中国南岸、フィリピンから東南アジア、ニューギニア、オーストラリア、北アメリカ東岸、カリブ海の島などで繁殖し、非繁殖期は周辺の海域に生息するほか、北方で繁殖した個体は冬季に南へ移動。日本では夏鳥として有明海、種子島、奄美諸島、沖縄諸島、宮古諸島、八重山諸島の小島や岩礁、砂州などで繁殖していますが、近年、繁殖地の北上が見られ、四国や本州の一部でも確認されているようです。他の地域では、稀に台風などの影響で本州、四国、九州、トカラ列島、大東諸島などで記録があるようです。

海面近くを飛翔していた成鳥夏羽のベニアジサシ。嘴と足の赤が印象的です・・・

ベニアジサシ2

ベニアジサシ1

宮古島シリーズの最後に、今日は海岸線で目にしたエリグロアジサシとベニアジサシをご紹介しましたが、今回の宮古島遠征ではキンバトをはじめ、オオクイナ、ミフウズラ、マミジロアジサシの4種を初めて撮影することができ、大変収穫の多い遠征となりました・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる