コクマルガラス、ベニハシガラス

モンゴルシリーズの続きで、今日はカラスの仲間2種をご紹介します。

最初は日本でもお馴染みのコクマルガラスです。

コクマルガラス(Daurian jackdaw)は韓国、中国、台湾、北朝鮮、日本、モンゴル、ロシア東部に分布し、日本には越冬のため本州西部、特に九州に多く飛来しますが、近年、本州の関東以北や北海道南部などでも見られるようです。
なお、従来淡色型と言われていた白色の混じった個体は実は成鳥で、黒色型と言われていたのは幼鳥、その中間型と言われていたのは成鳥になる過程の個体だそうです。

首都ウランバートル近郊で目にしたコクマルガラス。手前の白色の混じった個体が成鳥で、奥が幼鳥ということになります。

コクマルガラス3

枝どまりのコクマルガラス。

コクマルガラス1

コクマルガラス2

次は滞在中、何度も目にしたベニハシガラスです。

ベニハシガラス(Red-billed chough)はヨーロッパから東アジアにかけたユーラシア大陸とアフリカに分布する体長約40cmのカラスの仲間で、生息域により8亜種に分かれるようです。また、ベニハシガラスは和名、英名のごとく嘴が鮮やかな赤色で、足も赤色なのが特徴です。

ウランバートル近郊の排水処理場近くで目にしたベニハシガラス。

ベニハシガラス1

ベニハシガラス2

こちらはウランバートル近郊のガソリンスタンドの屋根裏で営巣していたベニハシガラス。ベニハシガラスは山岳地帯や海岸の岩穴や割れ目に営巣することが多いそうですが、近年はこのような人工構造物も巧みに利用しているようです。

ベニハシガラス3

ベニハシガラス4

今日は滞在中、何度も目にしたカラスの仲間2種をご紹介しましたが、同じカラスの仲間でもその生息スタイルは大きく異なるようで、越冬のため日本に渡ってくるコクマルガラスに対しベニハシガラスは地域密着型のようで、そんなことから亜種が多く生まれてきたのでしょうか?そんなことを考えながら鳥を見ているのも楽しみの一つです・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる