夏羽のユキホオジロ

アラスカシリーズの続きで、今日はセントポール島で繁殖しているユキホオジロをご紹介します。

ユキホオジロ(Snow bunting)はユーラシア大陸から北アメリカの北極圏で繁殖し、冬季はユーラシア大陸の中緯度地帯と北アメリカ中部に渡り越冬。日本へは冬鳥として主に北海道に渡来しますが数は多くはなく、本州では日本海側の中部以北で少数が観察されるだけというバーダー憧れの鳥でもあります。

雛に餌を運んできた営巣中のオスの親鳥。島ではこの時期美しい花々が咲き乱れており、そんな花にやってくる小さな虫を捕えてきたようでした。

ユキホオジロ26

ユキホオジロ28

こちらは別の場所で目にした夏羽のユキホオジロのオス。全体に白色で、背、翼、中央尾羽は黒く、嘴と足は黒色です。

ユキホオジロ31

ユキホオジロ32

ユキホオジロ33

ユキホオジロ34

ユキホオジロ35

ユキホオジロ36

ユキホオジロ37

こちらは同じ場所にいたユキホオジロの若い個体。全身灰色がかった淡褐色をしていました。

ユキホオジロ50

ユキホオジロ51

こちらは幼鳥。上記個体より褐色味が強いようです・・・

ユキホオジロ53

ユキホオジロ54

ユキホオジロ52

ユキホオジロについては今年の冬、念願叶いようやく冬の北海道で対面を果たすことができましたが、今回のセントポール島は繁殖地ということで夏羽の美しい個体を目にすることができました。ユキホオジロの冬羽もなかなか魅力的ではありますが、夏羽では全体にすっきりとした白色で、黒色の背、翼、中央尾羽との対比が実に鮮やかでした・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる