夏羽のチシマシギ

アラスカシリーズの続きで、今日は日本にも稀な冬鳥または旅鳥としてやって来るチシマシギをご紹介します。

チシマシギ(Rock sandpiper)はユーラシア大陸最東端のチュクチ半島、アラスカ西部、アリューシャン列島で繁殖し、冬季は北アメリカ西海岸、千島列島に渡り越冬。日本では、稀な冬鳥または旅鳥として本州中部以北の太平洋岸に渡来し、波のあたる岩礁や防波堤などで見られることが多いようです。

海岸線の岩場にいた夏羽のチシマシギ。頭部から体上面は赤褐色がかっており(冬羽は頭部から頸、胸、体上面は黒灰色)、腹近くに大きな黒斑が見られます。

チシマシギ7

ハマシギにも似ていますが、嘴と足がハマシギより短いのが特徴です。

チシマシギ5

チシマシギ4

冷たい雨が降る中、海岸線の岩場で餌となる貝類や甲殻類を探していたチシマシギ。英名のごとく岩場が彼らの生活の場であるようです。

チシマシギ10

チシマシギ15

チシマシギ16

チシマシギ17

チシマシギ11

チシマシギ3

チシマシギ2

打ち寄せる波の上を飛ぶチシマシギ。

チシマシギ13

チシマシギ14

チシマシギは冬の北海道でも見ることがかなわず、一度は目にしたいと思っていましたが、今回訪れたセントポール島はチシマシギの一大繁殖地ということで、幸運にも夏羽の個体を数多く見ることができました。また、チシマシギは海岸線にいるものとばかり思っていましたが、実際には繁殖場所である草原地帯で多くの個体を目にすることができました。明日はそんな草原でのチシマシギをご紹介したいと思います・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる