アメリカヒバリシギ

アラスカシリーズの続きで、今日はセントポール島とアンカレッジで出会ったアメリカヒバリシギをご紹介します。

アメリカヒバリシギ(Least sandpiper)はアラスカからカナダ北部で繁殖し、冬季はアメリカ南部から南アメリカ北部に渡り越冬。日本では確実な記録はないとされています。アメリカヒバリシギは日本ではお馴染みのヒバリシギともよく似ていますが、体が一回り小さく(体長12cm)、足の長さが短めで、体色が赤みを帯びていないなど、幾つかの違いがあるようです。

セントポール島の湿原で目にしたアメリカヒバリシギ。かなり距離があるため大きくトリミングしています。

アメリカヒバリシギ1

アメリカヒバリシギ2

アメリカヒバリシギ3

アメリカヒバリシギ4

飛び出しました・・・

アメリカヒバリシギ5

背中のV字模様はヒバリシギと同じです・・・

アメリカヒバリシギ6

アメリカヒバリシギ7

アメリカヒバリシギ8

こちらはアンカレッジの湿原で目にしたアメリカヒバリシギです。今回は非常に近くにやって来てくれました。ヒバリシギに比べ足が短いため、採餌姿勢もそれほど尻上りにならないようです・・・

アメリカヒバリシギ20

アメリカヒバリシギ21

アメリカヒバリシギ22

今日は日本では未記録種のアメリカヒバリシギをご紹介しましたが、アメリカ大陸北部で繁殖し、稀に日本に渡来するシギチ類も多いことから、アメリカヒバリシギについても是非近い将来やって来て欲しいものです・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる