夏羽のアビ

アラスカシリーズの続きで、今日は昨日のアカエリカイツブリと同じ池で目にした夏羽のアビをご紹介します。

アビ(Red-throated loon)は北アメリカ大陸北部やユーラシア大陸北部で繁殖し、冬季は北大西洋、北太平洋の沿岸部に南下し越冬。日本では冬鳥として九州以北の沿岸に渡来しますが、北海道では渡りの途中に旅鳥として立ち寄るようです。

美しい夏羽で姿を見せてくれたアビ。夏羽は頭部から頸側が灰色で、前頸に大きな赤色斑があるほか、後頭から後頸には白く細い縦斑があり、実に色鮮やかです。

アビ1

周りを見回しながら、徐々にこちらに近づいてきてくれました。

アビ2

アビ3

真っ赤な虹彩にやや上に反った嘴も魅力的です。

アビ4

後ろ側から見ると後頭から後頸にかけての白く細い縦斑が確認できます。

アビ5

アビ6

日本で見られるアビは冬羽もしくは換羽中のものが多く、完全な夏羽を目にするチャンスはそれ程多くはないと思います。ツアー最終日の夜(白夜のため明るい)、幸運にも夏羽のアビに出会うことができ、ツアーの最後を飾ることができました・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる