識別が難しいカナダガンとシジュウカラガン

アラスカシリーズの最後に、今日はアンカレッジ郊外で出会ったカナダガンとシジュウカラガンをご紹介します。

最初はアンカレッジ郊外の池で出会ったカナダガンです。

カナダガン(Canada goose)はアラスカ、カナダ、アメリカ北部で繁殖し、冬季は北アメリカ中部以南で越冬するガンで、多くの亜種に分けられていますが、何れも頭と頸が黒く、頬から喉が白色で、茶色の羽を持つという特徴があります。

池の中州にいたカナダガン。自信の程はありませんが、後方の大型でやや暗色気味の個体は亜種クロカナダガン(Dusky Canada Goose)、手前のやや小型で胸の白っぽいい個体は亜種チュウカナダガン(Lesser Canada Goose)ではないかと思われます。

カナダガン1

カナダガン2

次はシジュウカラガンと思われるガンです。

シジュウカラガン(Cackling Goose)はアリューシャン列島やアラスカで繁殖し、冬季には北アメリカの中南部に移動して越冬し、日本には亜種シジュウカラガンと亜種ヒメシジュウカラガンが冬鳥として渡来しますが、亜種チュウショウカナダガン(Taverner's Canada Goose)とされる記録もあるようです。

群れで泳いでいた亜種チュウショウカナダガンと思われる個体。上記のカナダガン2種より小型で、日本で見られる亜種シジュウカラガン(Aleutian Canada Goose)のような頸の付け根の白いリングはありません。

シジュウカラガン2

シジュウカラガン4

シジュウカラガン3

日本で見られるカナダガン、シジュウカラガン、ヒメシジュウカラガンなどについては、従来カナダガンの一亜種(全部で12亜種)として扱われていましたが、日本鳥類分類改訂第7版より、それぞれ別種としてカナダガン(Canada goose)とシジュウカラガン(Cackling Goose)の2種に分類されました。、今回、識別にあたっては、ご一緒したベテランバーダー氏の写真判定による確認種を参考にカナダガン、シジュウカラガンに分けて推測しましたが、何れにしてもその亜種の分類は難しく自信の程はありません。間違い等ご指摘いただければ幸いです・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる