夏羽のアメリカオオハシシギ

アラスカシリーズの続きで、今日は昨日のアメリカオグロシギと同じ場所にやって来たアメリカオオハシシギをご紹介します。

アメリカオオハシシギ(Short-billed dowitcher)はアラスカ南部、カナダ中部、ラブラドル高原で繁殖し、冬季は北アメリカ南部、中央アメリカ、南アメリカ北部の海岸地域に渡り越冬。日本では迷鳥として、1982年に神奈川県で初めて記録され、その後、1987年に静岡県と徳島県で記録があるのみだそうです。

アメリカオグロシギのいた池の中州に群れで飛んできたアメリカオオハシシギ。体長は約28cmとオオハシシギ(29cm)とよく似ており、成鳥夏羽では顔から腹は橙褐色で、胸から脇腹にかけて黒い丸斑と横斑があります。

アメリカオオハシシギ4

アメリカオオハシシギ5

アメリカオオハシシギ10

アメリカオオハシシギ11

手前左と右サイドの嘴の長い個体はアメリカオグロシギ。

アメリカオオハシシギ13

褐色味の薄い個体はアライソシギ。

アメリカオオハシシギ3

こちらは別の池で餌を探していたアメリカオオハシシギ。

アメリカオオハシシギ20

アメリカオオハシシギ23

アメリカオオハシシギ21

アメリカオオハシシギ22

今日は昨日のアメリカオグロシギ同様、日本では滅多に見ることのできないアメリカオオハシシギをご紹介しましたが、ここアンカレッジで繁殖するアメリカオオハシシギはカナダ中部で繁殖する亜種アメリカオオハシシギとは別亜種(Limnodromus griseus caurinus)だそうで、上面の羽縁が細く、体下面の褐色味が強いという特徴があるそうです・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる