渡り途中のエリマキシギとソリハシシギ

昨日の続きで、同じく近場の休耕田で目にした渡り途中のエリマキシギとソリハシシギをご紹介します。

最初はエリマキシギです。

エリマキシギ(Ruff)はユーラシア大陸の北部から北極圏にかけての湿地帯や牧草地で繁殖し、冬季は地中海沿岸からアフリカ、インド、オーストラリア南部などに渡り越冬。日本では春と秋の渡りの時期に旅鳥として少数が観察され、西日本では越冬する個体もいるようです。

全身黄褐色味を帯びたエリマキシギの幼鳥。警戒心があまりないようで、近くまでやって来てくれました。

エリマキシギ3

エリマキシギ4

脇目もふらず盛んに餌を探していました・・・

エリマキシギ2

エリマキシギ1

立ち姿もなかなかいいですね・・・

エリマキシギ10

エリマキシギ11

次は同じ休耕田にいたソリハシシギです。

ソリハシシギ(Terek sandpiper)はユーラシア大陸の高緯度地方で繁殖し、アフリカ大陸から、インド、東南アジア、オーストラリアの沿岸部で越冬。日本では旅鳥として春と秋に全国各地に飛来しますが、秋の方が多く見られるようです。

餌を探して歩き回っていたソリハシシギ。名前のように嘴は長く上に反っており、橙黄色の足が目を引きます。

ソリハシシギ2

ソリハシシギ3

ソリハシシギ4

ソリハシシギ5

今日は休耕田で目にしたエリマキシギとソリハシシギをご紹介しましたが、中でもエリマキシギの雄は繁殖期になると英名、和名のとおり首に襟巻きのような長い羽毛が生え、体色も褐色、黒、白などいろいろな摸様にに変わることで知られています。一度はそんな豪華な夏羽のエリマキシギを見てみたいものです・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる