イギリスで出会った鳥たち・・・ニシコクマルガラス

イギリスツアーの続きで、今日は日本でも記録のあるニシコクマルガラスをご紹介します。

ニシコクマルガラス(Western jackdaw)は北アフリカからヨーロッパのほぼ全域、イラン、北西インド、シベリア中南部、中国北西部など広範囲に分布していますが、日本では迷鳥として1986年に天売島、1996年~1997年に北海道・浜中町での2例のみ記録があるだけという珍鳥です。

ニシコクマルガラスは全長約33cmとコクマルガラスとほぼ同じ大きさですが、虹彩が灰色がかった白色か銀白色である点が大きな特徴で、全部で4亜種に分類されていますが、日本で記録があったのは後頸が淡い灰白色であったことから東ヨーロッパ、北・中央アジアからイラン、インド北西部、中国北西部、シベリア中南部に分布する亜種と思われます。

住宅地でもよく目にしたニシコクマルガラス。今回であった個体は全身ほぼ黒色であることから、イギリス諸島、西・中央ヨーロッパからカナリア諸島、コルシカ島に分布する亜種と思われます。

ニシコクマルガラス4

2羽が仲良く並んでいました。

ニシコクマルガラス2

仕草がとても可愛らしいです・・・

ニシコクマルガラス3

湖水地方の湖畔で目にしたニシコクマルガラス。

ニシコクマルガラス5

こちらは自然美観地域として有名なコッツウォルズ地方の小川の畔にいたニシコクマルガラス。

ニシコクマルガラス9

小さなリンゴのようなこの果実が好物なのでしょうか、嘴でつまみあげていました。

ニシコクマルガラス10

キューガーデンで目にしたニシコクマルガラス。

ニシコクマルガラス11

ニシコクマルガラス12

今日は日本でも2例のみ記録のあるニシコクマルガラスをご紹介しましたが、当地ではごくごく普通に見られるカラスであり、訪れた各地でその姿を見ることができました。日本にやってくれば大騒ぎになるのでしょうが・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる