高原で出会ったカヤクグリ

昨日の続きで、今日は同じく高原で出会ったカヤクグリをご紹介します。

カヤクグリ(Japanese accentor)は英名のように日本(北海道、本州中部以北、四国、九州)、ロシア(南千島)に分布する漂鳥で、夏季に北海道や南千島、本州、四国の亜高山帯から高山帯で繁殖し、冬季になると低地や本州、四国、九州の暖地へ南下して越冬します。

そんなカヤクグリですが、冬の訪れとともに高原にも降りてきてくれたようです。昨日ご紹介したベニマシコのいた荒地でチリリリ チリリリという独特の鳴き声がします。声のほうを探すと薮の中で鳴いているカヤクグリを見つけることができました。2年振りの出会いでした。

暗褐色の頭に暗灰色の下面という地味な体色のカヤクグリ。

カヤクグリ1

こちらを向いて、チリリリ チリリリ というはっきりとした鳴き声で鳴いていました。

カヤクグリ3

カヤクグリ2

カヤクグリ4

目に光が当たると、茶褐色の虹彩がはっきりと見えます。

カヤクグリ5

背中側が少し見えますが、褐色の背中に暗褐色の縦斑を見ることができます。

カヤクグリ6

今日は日本の固有種 カヤクグリをご紹介しましたが、和名は冬季に藪地に潜むように生活し、なかなか姿を見せず藪の下を潜ることに由来するそうですが、この時期、チリリリ チリリリという独特の鳴き声で鳴くことも多く、鳴き声さえ覚えてしまえば、意外に探しやすい鳥かも知れません。ちょっと地味系のカヤクグリですが、低地に降りてくるこの時期、年に一度は会いたい鳥の一つです・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる