今季初のミヤマホオジロ

2年振りに山梨県南部の公園を訪れましたが、お目当ての鳥には出会えずちょっと残念な結果になってしまいましたが、それでも今期初のミヤマホオジロや美しい羽衣のカケスなどに出会うことができましたので、今日はそんな中からミヤマホオジロをご紹介します。

ミヤマホオジロ(Yellow-throated bunting)は夏季に中国や朝鮮半島、ウスリーなどで繁殖し、冬季には中国南部や日本、台湾へ南下し越冬。日本では冬鳥として全国に渡来しますが、南西諸島では少ないようです。なお、英名は名前の通り、喉が黄色いホオジロなのですが、和名のミヤマは山奥ではなく「遠隔地」を意味し、以前は朝鮮半島での繁殖は確認されていたものの日本での繁殖が確認されていなかった事に由来するそうです。

渡来して間がないためか、警戒心が強くゆっくりとは撮らせてくれませんでしたが、そん中、一度だけ少しの間、枝にとまってくれました。発達した冠羽に黄色い眉斑と喉、黒い過眼線と胸部の三角斑が鮮やかなミヤマホオジロのオスです。

ミヤマホオジロ1

ミヤマホオジロ2

ミヤマホオジロ3

ミヤマホオジロ4

ミヤマホオジロ5

こちらはちょっと分かりにくいですが、落ち葉の中に埋もれていたオス。

ミヤマホオジロ7

こちらは込み入った藪の中にいたメス。メスは眉斑や喉から胸も黄褐色で、オスに見られる胸部の黒い三角斑はありません。

ミヤマホオジロ11

ミヤマホオジロ10

更に込み入った場所にいたメス。

ミヤマホオジロ13

こちらは頭頂が褐色で、眉斑、喉が淡黄色であることから、メスの第1回冬羽と思われます。

ミヤマホオジロ12

今日は今期初のミヤマホオジロをご紹介しましたが、この存在感溢れるミヤマホオジロはやはり年に一度はお目にかかりたい魅力ある鳥です・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる