今季初のオオマシコ

バーダーに人気のオオマシコですが、やはり年に一度は会っておきたいと思い、少し足を伸ばし山に探しに行ってきました。

オオマシコ(Pallas's Rosefinch)は中央シベリアから東シベリアにかけての亜寒帯の地域で繁殖し、冬季はモンゴル、中国東部、朝鮮半島に渡り越冬。日本では冬鳥として本州中部以北に渡来しますが数はそれほど多くなく、バーダー憧れの鳥でもあります。

オオマシコの姿を求めて林道を探しましたが、夕方近くになりようやくその美しい姿を見ることができました。オオマシコは全部で4羽おり盛んにヤマハギの実を啄ばんでいました。右上はオス、左下はメスでしょうか。

オオマシコ1

その後、近くのヤマハギにやって来たオオマシコのオス。頭部と背中、胸から腹にかけて鮮やかな紅色で、額と喉に銀白色が入っています。

オオマシコ2

オオマシコ3

塒に入る前なのか、脇目もふらず夢中でヤマハギの実を食べていました。

オオマシコ4

オオマシコ5

オオマシコ6

オオマシコ7

オオマシコ8

日本に渡来する「マシコ(猿子)」と名のつく鳥は、ハギマシコ、オオマシコ、ギンザンマシコ、アカマシコ、ベニマシコの5種ですが、オスでは体全体が独特の赤色であることから何れも大変人気があります。今回もそんなオオマシコに会いたくなり、少し足を伸ばして探しに行ってきましたが、幸運にも見つけることができ嬉しい出会いとなりました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる