里山の鳥たち・・・カシラダカ、アオジ

昨日の続きで、今日は自宅近くの里山で出会ったカシラダカとアオジをご紹介します。

カシラダカ(Rustic bunting)は先日もご紹介しましたように、スカンジナビア半島からカムチャッカ半島までのユーラシア大陸高緯度地域と、アリューシャン列島で繁殖し、日本では冬鳥として九州以北に渡来するお馴染みの鳥ですが、この時期、里山の谷戸ではこぼれ落ちた草の実を啄ばむカシラダカの姿をよく見かけました。

夢中で草の実を啄ばんでいた冬羽のカシラダカ。枯れ草にとけ込んでおり、よく見ないとなかなか見つけられません・・・

カシラダカ1

カシラダカ2

カシラダカ3

警戒心が強く、人や車が近づくとすぐに近くの木に上ってしまいます。

カシラダカ4

カシラダカ5

次はこちらも冬の里山の定番アオジです。

アオジ(Black-faced bunting)は夏季に中国、ロシア南東部、朝鮮半島北部で繁殖し、冬季になると中国南部、台湾、インドシナ半島などへ南下し越冬。日本では亜種アオジが留鳥または漂鳥として北海道から本州中部に生息し、本州中部以南では主に冬鳥として見られるようです。また、少数ながら亜種シベリアアオジが旅鳥または冬鳥として主に本州の日本海側や九州に飛来することが知られています。

谷戸のブッシュの中にいた亜種アオジのオス。和名、英名のごとく頭部が緑(古い意味の青は緑も含めた色)がかった暗灰色で覆われています。

アオジ1

アオジ2

アオジ3

アオジ4

今日は自宅近くの里山で出会ったカシラダカとアオジをご紹介しましたが、決して珍しくはないこれ等の鳥たちですが、冬のこの時期、彼らを見ると何故かホッとします・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる