里山の鳥たち・・・モズ、シメ

昨日の続きで、今日も里山の常連、モズとシメをご紹介します。

最初はモズです。

モズ(Bull-headed shrike)は中国東部や朝鮮半島、ウスリー南部、樺太で繁殖し、冬季になると中国南部へ南下し越冬しますが、日本では基亜種が留鳥として周年生息し、北部に分布する個体群や山地に生息する個体群は秋季になると南下したり標高の低い場所へ移動し越冬することが知られています。

そんなモズですが、自宅近くの里山では留鳥として周年生息しています。林縁の開けた草地で目にしたモズのメス。頭頂から後頸は明るい茶褐色、体上面は褐色、体下面は淡褐色の羽毛で被われ、オスに比べるとどことなく愛らしい感じがします・・・

モズ1

モズ2

モズ3

モズ4

モズ5

次はこちらも冬の里山の常連、シメです。

シメ(Hawfinch)はヨーロッパ中部および南部からロシア南部を経て中国東北部、サハリン、カムチャツカ半島までのユーラシア大陸中部域に広く分布し、北方で繁殖した個体は冬季南方へ渡ることが知られていますが、日本では北海道や本州の中部以北で繁殖するほか、冬鳥として本州以南に渡来します。

そんなシメが今年も自宅近くの里山に姿を見せてくれました。木の天辺にとまり暫く体を休めていたシメ。眼先が灰黒色であることからメスと思われます。・

シメ1

シメ2

シメ3

シメ4

昨日に続き、今日も里山の常連、モズとシメをご紹介しましたが、静かだった里山も冬鳥の渡来とともに、徐々に賑やかになってきました・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる