夕闇のフクロウ

昨日の続きで、今日は夕闇せまる高原で、杭の上にとまり獲物を待っていたフクロウ(Ural owl)をご紹介します。

フクロウは聴覚が発達しており、地面にいるノネズミやモグラ、ヒミズなどが発するかすかな音を察知して襲いかかり、一挙に仕留めることができるそうで、このように地面に近いところにじっと止まり、ひたすら獲物が来るのを待っています。

そんなフクロウが夕闇せまる中、牧場の低い杭にとまり、獲物を待っていました。

フクロウ30

時間とともに周りは徐々に暗くなってきますが、フクロウはまったく動きません。

フクロウ31

フクロウ32

シルエットになったフクロウですが、辛抱強く獲物を待ち続けていました・・・

フクロウ33

今日は夕闇せまる中、辛抱強く獲物を待ち続けていたフクロウをご紹介しましたが、このような光景を見ると動物たちの忍耐強さをひしひしと感じさせられます・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる