インドガン

インド探鳥記の続きで、今日は日本でも迷鳥として記録のあるインドガンをご紹介します。

インドガン(Bar-headed goose)はバイカル湖以南のモンゴル高原などで繁殖し、冬季になるとインドなどへ南下し越冬。日本では迷鳥として、近年では2006年に沖縄県多良間島で記録があるほか、北海道、本州、小笠原諸島などで記録があります。

サリスカ野生動物保護区内の湿地で目にしたインドガン。英名のごとく、眼の後ろと耳羽後方から後頭にかけた2本の黒線が特徴的です。

インドガン1

インドガン2

インドガン3

水から上ったインドガン。全体的にモノトーンの体色に黄色の嘴と脚が鮮やかです・・・

インドガン4

こちらはサリスカ野生動物保護区近くの湖畔に集結していたインドガンの群れ。

インドガン5

そこに更に大きな群れが舞い降りてきました。

インドガン6

インドガン7

こちらは湖で泳いでいたインドガン。上空を飛んでいるのはインドトキコウです。

インドガン8

今年の5月、繁殖地であるモンゴルで初めて目にしたインドガンですが、今度は越冬地であるインドで大群を目にすることができました。インドガンはヒマラヤ越えのため、高度8000m以上という世界で最も高い所を飛行する鳥として知られており、空気の薄いそんな過酷な条件の中でやって来たインドガンを見ていると、「お疲れさん」と言いたくなります・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる