ヨーロッパチュウヒのメス

インド探鳥記の続きで、今日はヨーロッパチュウヒ(Western marsh harrier)のメスをご紹介します。

今回訪れた世界遺産・ケオラディオ国立公園では、ヨーロッパチュウヒのオスは2度(同じ個体と思われる)目にしただけでしたが、メスのほうは個体数が多いようで、滞在中、何度も目にすることができました。

前方を通過して行ったヨーロッパチュウヒのメス。メスは全身濃褐色ですが、前頂、喉の辺りは淡色なのが特徴のようです。

ヨーロッパチュウヒ21

ヨーロッパチュウヒ20

ヨーロッパチュウヒ22

ヨーロッパチュウヒ23

ヨーロッパチュウヒ27

ヨーロッパチュウヒ25

こちらは近くを通過して行ったヨーロッパチュウヒの幼鳥と思われる個体。幼鳥はほぼ全身黒褐色で、額から後頭、喉がクリーム色で、虹彩は暗色なのが特徴だそうです。

ヨーロッパチュウヒ28

ヨーロッパチュウヒ29

ヨーロッパチュウヒ30

今日は昨日に続き、ヨーロッパチュウヒのメスと幼鳥と思われる個体をご紹介しましたが、何れにしても初見の鳥を見るのは楽しいものです・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる