カタグロトビ

インド探鳥記の続きで、今日は日本でも迷鳥として記録のあるカタグロトビをご紹介します。

カタグロトビ(Black-winged kite)はアフリカからヨーロッパ南部、アラビア半島南部、インド、東南アジア、ニューギニアにかけて分布するトビの仲間で、日本では迷鳥として、石垣島、与那国島、西表島、沖縄島などで記録があります。私にとってはかって訪れた東アフリカと台湾、タイで見ており、今回が4回目ということになります。

車で移動中、開けた農耕地で目にしたカタグロトビ。体長35cm程の大きさで頭部から体の下面にかけて白灰色、体の上面はやや銀色がかった灰色、翼の肩の部分が黒く名前の由来ともなっています。また、虹彩は赤色で、目の周囲は黒く、離れて見ると眼が吊り上って見えます。

カタグロトビ3

カタグロトビ1

カタグロトビ2

その後少し場所を変え、獲物を探していました・・・

カタグロトビ4

カタグロトビ5

カタグロトビ6

カタグロトビ7

カタグロトビ8

こちらは別の場所で目にしたカタグロトビ。翼下面の雨覆は白く、初列・次列風切の一部は黒色です。

カタグロトビ10

この個体は右側の風切がかなり傷んでいました。

カタグロトビ11

カタグロトビ12

今日はインドでは留鳥のカタグロトビをご紹介しましたが、日本では迷鳥のこの鳥も、気候の亜熱帯化に伴い、今後更に増加してくるものと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

No title

プロレスの覆面レスラーみたいなお顔ですね。
カッコいいです。

No title

マモ様

確かに覆面レスラーに似ていますね‼
今年は石垣島などにも来ているようで、全国からファンが訪れているようです。
プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる