シロエリコウ(別名エンビコウ)

インド探鳥記の続きで、今日はシロエリコウをご紹介します。

シロエリコウ(Woolly-necked stork)はサハラ以南のアフリカ、インドからフィリピン、セレベスにかけて分布するコウノトリ科の鳥で、体は緑紫の光沢のある黒色で、頸の羽毛は短く綿状になっており、英名、和名の由来にもなっています。

世界遺産・ケオラディオ国立公園の湿地で休んでいたシロエリコウ。左側はアオサギ。

シロエリコウ1

シロエリコウ2

シロエリコウ3

少し角度を変えて撮影しました。脚は赤色ですが、アフリカの亜種アフリカシロエリコウでは黒色です。なお、シロエリコウは別名エンビコウとも呼ばれていますが、これは尾が燕尾状になっていることから名付けられたようです。
*以前、タンザニアで撮影した亜種アフリカシロエリコウは以下のURLをご覧ください。
http://shumishan.blog.fc2.com/blog-entry-394.html

シロエリコウ4

シロエリコウ5

今日はケオラディオ国立公園の湿地で目にしたシロエリコウをご紹介しましたが、今回は残念ながら頸をすくめて休んでいる姿しか見ることができませんでしたが、次回は白い襟がしっかり見える立ち姿を見てみたいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる