湿原のオオヅル

インド探鳥記の続きで、今日はツルの仲間では最大のオオヅルをご紹介します。

オオヅル(Sarus crane)はインド、パキスタン、カンボジア、ベトナム、ミャンマー、ラオス、オーストラリアに分布する全長140~156cmのツル科最大のツルで、全身淡灰色の羽毛で被われ、頭部から頸部上部にかけては羽毛がなく赤い皮膚が露出し、足も赤みを帯びているのが特徴です。

世界遺産・ケオラディオ国立公園で目にしたオオヅル。オオヅルは生息域により3亜種(シロエリオオヅル:インド北部、パキスタン東部、ヒガシオオヅル:インド北東部、カンボジア、ベトナム、ミャンマー、ラオス、オーストラリアオオヅル:オーストラリア北部)
に分かれており、今回出会ったのは喉から後頸にかけて首輪状に黒い羽毛で被われた亜種シロエリオオヅルでした。

オオヅル4

離れていた2羽が近ずいてきました。

オオヅル5

食性は雑食だそうですが、昆虫や魚、カエル、爬虫類などが好みのようで、獲物を探して湿原をゆっくり歩いていました。

オオヅル6

オオヅル7

オオヅル8

オオヅル9

トリミングして見ると、喉から後頸にかけた首輪状の黒い羽毛がよく分かります。

オオヅル10

オオヅル11

オオヅル12

オオヅル13

オオヅル14

手前のシロエリコウの近くを歩いていく亜種シロエリオオヅル。

オオヅル15

今日はツル科の中では最大種のオオヅル(亜種シロエリオオヅル)をご紹介しましたが、頭から頸にかけて真っ赤な皮膚が露出したこのツルは、日本産ツルでは最大のタンチョウ(体長145cm)に負けず劣らず存在感を放っていました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる