雪がらみのシロハラ

雪がらみの野鳥が撮りたくなり山麓の湿地を訪れました。今日はその中から冬鳥のシロハラをご紹介します。

シロハラ(Pale thrush)は中国東北部からロシア沿海地方にかけての地域で繁殖し、日本や朝鮮半島、中国で越冬。日本ではほとんどが冬鳥で、本州以南の積雪のない低地で越冬しますが、西日本の山地では少数が繁殖していると考えられています。

そんなシロハラが寒波が到来した山麓の湿地にもやって来てくれました。全身ほぼ灰褐色ですが、英名、和名のように腹部が白っぽいのが特徴です。

シロハラ1

やはりツグミの仲間、嘴と脚がよく発達した体型をしています。

シロハラ2

ミミズや昆虫が好みのようで、盛んに落葉をひっくり返し餌を探していました・・・

シロハラ3

シロハラ4

シロハラ5

獲物を捕えたのか、口を開けて呑み込んでいるようです。

シロハラ6

シロハラ7

シロハラ8

シロハラ9

シロハラ10

今日は雪がらみのシロハラをご紹介しましたが、冬鳥シロハラには雪がよく似合います・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめてみる鳥です。
とっても可愛らしいですね。

No title

マモ様

コメントありがとうございます。

本州より南では毎年冬鳥としてやって来て、数も比較的多いためそれほど人気はありませんが、北海道の方にとっては珍鳥ということになるのでしょうね‼

今度からもう少し有り難みを感じながら見させていただきます。

ありがとうございました。


検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる