イナバヒタキ

インド探鳥記の続きで、今日はサバクヒタキの仲間では最も大きなイナバヒタキをご紹介します。

イナバヒタキ(Isabelline wheatear)は中央アジアからトルコ方面で繁殖し、冬はアラビア半島やエチオピア、ソマリアから西アフリカの砂漠地帯に渡り越冬。日本では迷鳥として、北海道、南千島、本州、舳倉島、九州、対馬、沖縄島、与那国島で記録があるようです。

昨日ご紹介したサバクヒタキと同じく収穫の終わった耕作地で目にしたイナバヒタキのオス。雌雄ほぼ同色ですが、オスは眼先が黒いことから識別できます。

イナバヒタキ1

保護色なのでしょうか、昨日のサバクヒタキ同様、周りの色に同化しています・・・

イナバヒタキ2

イナバヒタキ3

イナバヒタキ4

イナバヒタキ5

イナバヒタキ6

イナバヒタキ7

イナバヒタキ8

イナバヒタキ9

イナバヒタキ10

イナバヒタキ11

昨日のサバクヒタキに続き、今日は同じ仲間のイナバヒタキをご紹介しましたが、日本では珍鳥のこの2種が簡単に見られてしまうインドは、実に魅力的な場所といえます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる