インドヒタキ

昨日の続きで、今日は同じくヒタキ科の仲間、インドヒタキをご紹介します。

インドヒタキ(Indian robin)は英名のごとく、バングラデシュ、ブータン、インド、ネパール、パキスタン、スリランカなど、インド亜大陸に広く分布しているヒタキ科の鳥で、北部に分布する亜種cambaiensisのオスは背中の色が茶色なのに対し、南部に分布する亜種fulicatusでは黒色だそうです。

ケオラディオ国立公園近郊の田園地帯で目にしたインドヒタキのオス。今回訪れたのはインドの北部に位置しており、背中の色が茶色の亜種cambaiensisでした。

インドヒタキ1

金属光沢のあるインク色の下面と、長い尾羽がひときわ目を引きます・・・

インドヒタキ2

インドヒタキ3

インドヒタキ4

インドヒタキ6

見る角度によっては、鮮やかなオレンジ色の下尾筒を見ることができます。

インドヒタキ7

こちらは上面の茶色が薄く、下面も濃い灰色をしたインドヒタキのメス。下尾筒もオスほど鮮やかではありませんがオレンジ色をしていました。

インドヒタキ10

インドヒタキ11

今日はインド亜大陸の固有の鳥 インドヒタキをご紹介しましたが、下面が金属光沢の独特のインク色で、尾羽が長いこの鳥は、一度見たら決して忘れることができません・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる