キガシラセキレイ

インド探鳥記の続きで、今日はキガシラセキレイをご紹介します。

キガシラセキレイ(Citrine wagtail)はロシア中西部、モンゴル、ヒマラヤ山脈などで繁殖し、冬季になるとインド、中国南部、インドシナ半島などへ南下し越冬。日本では数少ない旅鳥または冬鳥として主に日本海側の島嶼、南西諸島での記録が多いほか、北海道、本州、四国、九州、伊豆諸島、小笠原諸島などでも記録があるようです。

デリー近郊の湖畔で目にしたキガシラセキレイのオス。草の中に埋もれていますが、頭部から体下面にかけての黄色が確認できます。

キガシラセキレイ1

キガシラセキレイ2

キガシラセキレイ3

こちらは第1回夏羽に換羽中と思われるメス。全体に灰色っぽいですが、顔と喉の辺りには黄色みが出てきています。

キガシラセキレイ4

キガシラセキレイ5

キガシラセキレイ6

キガシラセキレイ7

今日は日本では大変人気のあるキガシラセキレイをご紹介しましたが、ここインドは越冬地でもあり、冬のこの時期、見られるチャンスは多いようです・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる