インドトサカゲリ、キトサカゲリ

インド探鳥記の続きで、今日は滞在中出会ったケリの仲間、2種をご紹介します。

最初はインドトサカゲリです。

インドトサカゲリ(Red-wattled Lapwing )はトルコ、イラン、イラク、アフガニスタン、インド、バングラデシュ、スリランカなどに分布するケリの仲間で、名前のように眼の周りから前方にかけて赤く細長い肉垂(にくすい)があるのが特徴です。

デリー近郊の湖畔で目にしたインドトサカゲリ。

インドトサカゲリ10

インドトサカゲリ1

近くにやって来たインドトサカゲリ。口の周りには植物の種のようなものをいっぱいくっ付けていました。

インドトサカゲリ2

インドトサカゲリ3

インドトサカゲリ4

インドトサカゲリ11

次はキトサカゲリです。

キトサカゲリ(Yellow-wattled Lapwing)はパキスタン、ネパール、バングラデシュ、スリランカ、インドなどに生息するケリの仲間で、名前のように眼の前方に黄色の大きな肉垂があるのが特徴です。

ツアー最終日、田園地帯で目にしたキトサカゲリ。最初に見たとき、その黄色い髭のように見える異様な肉垂にびっくりしました。

キトサカゲリ1

キトサカゲリ2

前方から見ると、肉垂が独特の風貌を醸し出しています・・・

キトサカゲリ3

キトサカゲリ4

キトサカゲリ5

今日は何れも顔に独特の肉垂を持つケリの仲間2種をご紹介しましたが、鶏や七面鳥のオスの肉垂はメスに対するアピールのためと考えられていますが、インドトサカゲリやキトサカゲリなどケリの仲間はほとんどが雌雄同色ですので、必ずしもメスへのアピールのためだけとは言いきれないと思われます。一体どうしてこのような肉垂を持つようになったのでしょうか? 何とも不思議です・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる