ホオジロムクドリ

インド探鳥記の続きで、今日は同じくムクドリの仲間、ホオジロムクドリをご紹介します。

ホオジロムクドリ(Pied myna)はインド、パキスタン、タイ、マレーシア、インドネシア、中国などに分布するムクドリ科の鳥で、名前のように顔に大きな白斑があるほか、インドハッカ(カバイロハッカ)やクビワムクドリなどと同じく眼の周りに黄色い露出部があるのが特徴です。

デリー郊外の湖畔で目にしたホオジロムクドリ。白黒の体色に嘴と眼の周りの黄色が鮮やかです・・・

ホオジロムクドリ1

ホオジロムクドリ2

ホオジロムクドリ3

ホオジロムクドリ4

ホオジロムクドリ5

ホオジロムクドリ6

草地で餌となる虫を探していたホオジロムクドリ。

ホオジロムクドリ7

こちらはツアー最終日、田園で目にしたホオジロムクドリ。

ホオジロムクドリ8

ホオジロムクドリ9

ここでも地面にいる虫を探していました・・・

ホオジロムクドリ10

昨日に続き、同じくムクドリの仲間、ホオジロムクドリをご紹介しましたが、かって日本においても1961~1981年の間、愛玩用・観賞用に輸入された飼い鳥が逃げ出したか、あるいは飼い主によって放たれ野生化したと考えられる個体が繁殖していた時期があったようです。やはり、人為的に持ち込まれたものが繁殖することは、在来生物の生存を脅かすことにもつながり、問題がありますね・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる