カンムリヒバリ、ハイガシラスズメヒバリ

インド探鳥記の続きで、今日はヒメコウテンシがいた収穫の終わった耕作地で目にしたカンムリヒバリとハイガシラスズメヒバリをご紹介します。

最初はカンムリヒバリです。

カンムリヒバリ(Crested lark)はポルトガルから中国北東部にかけてのユーラシア大陸温帯やアフリカで繁殖する体長約18cmのヒバリ科の鳥で、日本ではまだ記録がありませんが、名前からも分かるようにその独特の冠羽に特徴があります。

ヒメコウテンシと同じ耕作地にいたカンムリヒバリ。体長はヒバリと同じく18cm程ですが、ヒバリに比べると嘴は長く、尾は短く、長い独特の冠羽が目を引きます・・・

カンムリヒバリ1

盛んに草の実を啄ばんでいたカンムリヒバリ。

カンムリヒバリ2

カンムリヒバリ3

カンムリヒバリもすっかり地面の色にとけ込んでいます・・・

カンムリヒバリ4

カンムリヒバリ5

カンムリヒバリ6

カンムリヒバリ7

カンムリヒバリ8

次はカンムリヒバリの近くで目にしたハイガシラスズメヒバリです。

ハイガシラスズメヒバリ(Ashy-crowned Sparrow-Lark)はインド亜大陸に分布する体長12cm程のヒバリ科の鳥で、名前のように頭から背にかけては灰色ですが、顔には黒い模様があり、まるで頭が灰色のシジュウカラのような感じの鳥でした。

逆光気味のため鮮明な写真ではありませんが、何とかその特徴を確認することができます・・・

ハイガシラスズメヒバリ1

ハイガシラスズメヒバリ2

今日はヒバリの仲間2種をご紹介しましたが、中でもカンムリヒバリはヨーロッパから中国北東部にかけてのユーラシア大陸温帯域やアフリカなどの広いエリアに分布していることから、近い将来、是非日本にもやって来てほしいものです・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる