キアシアオバト、ワライバト

インド探鳥記の続きで、今日はハトの仲間2種をご紹介します。

最初は見た目にも大変美しいキアシアオバトです。

キアシアオバト(Yellow-legged Green Pigeon)はインド亜大陸に広く分布し、名前のように足が特徴的な黄色であるだけでなく、後頭部から頸、胸にかけた羽衣も実に鮮やかな黄色をしたとても美しいアオバトです。

サリスカ野生動物保護区で目にしたキアシアオバト。この木の実が好物のようで盛んに実を啄ばんでいました。

キアシアオバト1

キアシアオバト2

キアシアオバト3

ようやくその特徴的な黄色い足を見せてくれました。

キアシアオバト4

キアシアオバト5

キアシアオバト6

頸をすぼめると、なんだか頸の周りが襟巻のように見え、ハトのようには見えません・・・

キアシアオバト7

次はケオラディオ国立公園に隣接するホテル中庭で目にしたワライバトです。

ワライバト(Laughing Dove )はサハラ砂漠以南のアフリカと中東からインド亜大陸にかけて分布する体長約27cmのハトで、名前のようにその鳴き声が笑っているように聞こえることから名付けられたようです。

早朝、ホテル中庭で目の前にとまっていたワライバト。朝の日差しが強く、本来の色合いははっきり出ていませんが、胸は濃い茶色で腹部にかけてピンク色に近づき、背中は光の当たり具合で茶色から青味を帯びた色に変化するそうです。

ワライバト1

今日はインド滞在中、目にしたハトの仲間2種をご紹介しましたが、特にワライバトについては、以前訪れたアフリカでも目にしており、大変懐かしく感じられました・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる