オオバンケン

インド探鳥記の続きで、今日はオオバンケンをご紹介します。

オオバンケン(Greater Coucal)はネパールからインド、中国、インドネシアにかけて分布するカッコウ科の鳥で、名前のようにバンケン(日本でも迷鳥として南西諸島などで記録がある)より一回り大きく(全長約48cm)、ハシボソガラスほどの大きさがあります。

世界遺産・ケオラディオ国立公園で目にしたオオバンケン。全身青みがかった黒色で、背から翼は茶褐色、大きくてとてもカッコウの仲間とは思えません。

オオバンケン2

オオバンケンはとても用心深く、少しでも人の気配がするとすぐにブッシュの中に隠れてしまいます。

オオバンケン1

オオバンケン5

こちらはデリー郊外の湖畔で目にしたオオバンケン。上半身しか見えませんが、赤色の虹彩を確認することができます。

オオバンケン15

葉が被って鮮明ではありませんが、上尾筒と尾羽の横紋が唯一カッコウの仲間と思わせてくれます。

オオバンケン16

今日は滞在中、何度も目にしたオオバンケンをご紹介しましたが、日本でも記録のあるバンケン(Lesser coucal)については、かってボルネオで見ただけで写真に撮ることはできず、今度は是非バンケンについても写真を撮ってみたいものです・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる