インドハッカ(カバイロハッカ)、ハイイロハッカ

インド探鳥記の続きで、今日は滞在中、各地で出会ったインドハッカ(カバイロハッカ)とハイイロハッカをご紹介します。

最初はインドハッカ(カバイロハッカ)です。

インドハッカ(Common Myna)はインド、中国南部、タイ、インドネシア、マレーシアなどに自然分布するムクドリ科ハッカチョウ属の鳥ですが、自然分布域以外にもオーストラリア、南アフリカ、ニュージーランド、マレーシア、ハワイ、東南アジアなど各地に移入されています。日本では本州、四国、九州、南西諸島で記録があり、その多くは篭脱けと考えられていますが、近年は移入された台湾で二次的に増加した個体が八重山諸島にも及んでいると考えられています。

耕作の終わった農耕地で目にしたインドハッカ。和名(別名カバイロハッカ)のごとく全体的に樺色(赤みを帯びた黄色)で、眼の周囲から頬は濃黄色の皮膚が露出し、独特の風貌を醸し出しています。

カバイロハッカ4

カバイロハッカ5

カバイロハッカ1

間近にやって来たカバイロハッカ。

カバイロハッカ2

カバイロハッカ3

次は同じくハッカチョウ属のハイイロハッカです。

ハイイロハッカ(Bank Myna)はインド亜大陸中北部に分布するハッカチョウの仲間で、カバイロハッカにもよく似ていますが、和名のように全体が灰色みを帯び、カバイロハッカの黄色部分が赤色である点が異なります。なお、英名は彼らが集団で土手(bank)に穴をあけて巣作りをするところから名付けられたようです。

逆光気味で鮮明な写真ではありませんが、何とかその特徴を確認することができます。

ハイイロハッカ1

ハイイロハッカ

今日は共によく似たインドハッカとハイイロハッカをご紹介しましたが、両者は何れも人家の密集する場所などでも食物の残りなどを漁っており、人間の生活と切っても切れない関係にあるように思われました・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる