亜種クムリーンアイスランドカモメ

インド探鳥記の途中ですが、今日はカモメウオッチングで見かけたアイスランドカモメの亜種、クムリーンアイスランドカモメと思われる個体をご紹介します。

アイスランドカモメ(Iceland Gull)はカナダ北東部やグリーンランドで繁殖し、冬季はアメリカ東北部やアイスランド、イギリス等に渡り越冬。日本ではごく稀な冬鳥として関東以北の海岸や港に渡来することが知られています。体長約56cmとセグロカモメ(約61cm)よりやや小さく、嘴は他のカモメ類と比べて小ぶりで、頭部は丸みを帯びたドーム状、初列風切の突出が顕著で、足も比較的短かめなのが特徴です。
なお、アイスランドカモメは2亜種に分類されていますが、日本に渡来する多くは今日ご紹介する亜種クムリーンアイスランドカモメ(初列風切がカナダカモメのように灰色斑がある)で、亜種アイスランドカモメ(初列風切がシロカモメのように白い)は稀なようです。

関東の漁港で目にした亜種クムリーンアイスランドカモメの第1回冬羽と思われる個体(後方右側)。周りはカモメの第1回冬羽。

アイスランドカモメ1

アイスランドカモメ2

ドーム状の頭と初列風切の突出がよく分かります・・・

アイスランドカモメ3

アイスランドカモメ4

アイスランドカモメ5

飛び出しました・・・ 初列風切は淡い灰褐色です。

アイスランドカモメ6

アイスランドカモメ7

アイスランドカモメ8

こちらはセグロカモメ第1回冬羽とのツーショット。大きさ、頭の形、嘴の長さ、初列風切の長さ・色、足の長さなど、違いがよく分かります・・・

アイスランドカモメ9

アイスランドカモメ10

アイスランドカモメ11

飛び出しました・・・
 
アイスランドカモメ12

アイスランドカモメ13

アイスランドカモメ14

今日はカモメウオッチングで見かけたアイスランドカモメの亜種、クムリーンアイスランドカモメと思われる個体をご紹介しましたが、それにしてもカモメの仲間は何れもよく似ているうえ、成鳥になるまでに4~5年かかるため経年変化もあり、たくさんいる中から個々を識別するのは至難の業といえます。そんな中、今回、第1回冬羽とはいえ念願の亜種クムリーンアイスランドカモメに出会えたのは幸運でした・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる