ヤマヒバリ、カヤクグリ

クラインガルテンからの帰り道、今話題のヤマヒバリのポイントに立ち寄ってきましたので、今日はその時目にしたヤマヒバリとカヤクグリをご紹介します。

最初はヤマヒバリです。

ヤマヒバリ(Siberian accentor)はシベリア東部から極東の高山帯および寒帯で繁殖し、冬季はモンゴル、中国北東部、朝鮮半島で越冬するイワヒバリ科カヤクグリ属の鳥で、日本には数少ない冬鳥または旅鳥として飛来しますが、特に日本海側の離島では秋に比較的よく見られるようです。

山裾で姿を見せてくれたヤマヒバリ。頭頂、過眼線から頬は黒褐色で、眉斑、体下面、耳羽の小さい斑は黄褐色。そのコントラストが実に鮮やかです。

ヤマヒバリ1

ヤマヒバリは草の実が好物なのか、地面を歩き回り盛んに草の実を啄ばんでいました。

ヤマヒバリ2

ヤマヒバリ3

ヤマヒバリ4

ヤマヒバリ5

いいところに乗ってくれました・・・

ヤマヒバリ6

ヤマヒバリ8

ヤマヒバリ7

ヤマヒバリ9

次は同じ場所に姿を見せてくれたカヤクグリです。

カヤクグリ(Japanese accentor)は英名のように日本(北海道、本州中部以北、四国、九州)、ロシア(南千島)に分布する漂鳥で、夏季に北海道や南千島、本州、四国の亜高山帯から高山帯で繁殖し、冬季になると低地や本州、四国、九州の暖地へ南下して越冬します。

そんなカヤクグリですが、冬の間は当地で越冬しているようで時々姿を見せてくれました。暗褐色の頭に暗灰色の下面というやや地味な体色のカヤクグリ。

カヤクグリ1

カヤクグリ2

こちらもいいところに乗ってくれました・・・

カヤクグリ3

カヤクグリ4

カヤクグリ5

今日は同じくイワヒバリ科カヤクグリ属のヤマヒバリとカヤクグリをご紹介しましたが、中でもヤマヒバリは今まで舳倉島でしか見たことがなく、まさか本州の内陸部で見られるとは思ってもなく、嬉しい出会いとなりました・・・



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる