赤い実を食べにやって来た亜種コトラツグミ

昨日の続きで、今日は同じく赤い実を食べにやって来た亜種コトラツグミをご紹介します。

トラツグミ(Scaly Thrush、White's Thrush)はシベリア東南部から中国東北部、朝鮮半島などで繁殖し、冬季はインド東部からインドシナ半島、フィリピンなどに渡り越冬するほか、オーストラリア、ニュージーランドにも分布。日本では留鳥または漂鳥として周年生息し、本州、四国、九州の低山から亜高山帯で繁殖し、北海道には夏鳥として渡来します。日本国内では基亜種トラツグミのほかに、奄美大島に生息する 亜種オオトラツグミ、西表島から台湾にかけて分布する亜種コトラツグミの3亜種が確認されているようです。

赤い実の近くで休んでいた亜種コトラツグミ。亜種トラツグミに比べると若干小さく、胸から腹にかけても若干白っぽい感じがしました。

トラツグミ1

その後、実を食べにやって来た亜種コトラツグミ。

トラツグミ3

トラツグミ2

トラツグミ4

トラツグミ5

昨日に続き、赤い実にやって来た亜種コトラツグミをご紹介しましたが、以前、奄美大島で目にした亜種オオトラツグミに次いで、今回、亜種コトラツグミにも会うことができ、これで日本で確認されているトラツグミ3亜種をすべて見ることができました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる