カワビタキ

台湾探鳥記の続きで、今日は日本でも迷鳥として記録のあるカワビタキをご紹介します。

カワビタキ(Plumbeous Water Redstart)はヒマラヤから東南アジア、中国、台湾などに生息する体長約14cmのヒタキ科の鳥で、日本でも迷鳥として山口県、栃木県で記録があるようです。英名は”鉛色をした水辺のジョウビタキ”という意味から、和名は”水辺にいるヒタキ”ということから名付けられたものと思われます。

景勝地の渓流で目にしたカワビタキのオス。全身、鉛藍灰色で、上尾筒、下尾筒、尾羽は鮮やかな栗紅色をしています。

カワビタキ4

カワビタキ5

カワビタキ6

カワビタキ2

カワビタキ3

カワビタキ7

カワビタキ8

こちらは全体に淡色のメス。

カワビタキ50

カワビタキ51

カワビタキ52

カワビタキ53

今日は日本でも迷鳥として記録のあるカワビタキをご紹介しましたが、カワビタキは名前のように渓流を主な住みかとしており、まさに水を得た魚のように、水辺を活発に飛び回っていました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる