ヒメマルハシ、マルハシ

今までチメドリ科の鳥たちをいろいろご紹介してきましたが、最後に、同じくチメドリ科で台湾の固有種、ヒメマルハシとマルハシをご紹介します。

最初はヒメマルハシです。

ヒメマルハシ(Taiwan Scimitar Babbler )はかってはインド、ネパール、ブータン、中国、ミャンマー、ラオス、ベトナム、台湾などに分布するチメドリ科アカガシラチメドリ亜科マルハシ属のヒメマルハシ( Streak‐breasted Scimitar Babbler)の台湾の亜種とされていましたが、近年大陸の亜種から分離し、別種として扱われているようです。体長は約20cmで、体上面は褐色、太い黒色の過眼線と白い眉斑があり、喉と胸が白く、胸にはに黒褐色の縦斑が目立つかなりインパクトのある鳥です。

農園の庭先にやって来たヒメマルハシ。黒く太い過眼線と下に湾曲した嘴、黄色い虹彩がちょっと悪そうな雰囲気を醸し出しています・・・

ヒメマルハシ1

ヒメマルハシ2

ヒメマルハシはかなり人慣れしており、いろいろなポーズをとってくれました・・・

ヒメマルハシ3

ヒメマルハシ4

ヒメマルハシ5

ヒメマルハシ6

ヒメマルハシ7

ヒメマルハシ10

ヒメマルハシ11

次は同じチメドリ科の仲間、マルハシです。

マルハシ( Black‐necklaced Scimitar Babbler)はかってはパキスタン、インド、バングラデシュ、ネパール、ブータン、中国、、ミャンマー、タイ、ラオス、ベトナム、台湾などに分布するチメドリ科アカガシラチメドリ亜科マルハシ属のホオアカチメドリ(Rusty‐cheeked Scimitar Babbler)の台湾の亜種とされていましたが、近年ホオアカチメドリから分離し、別種として扱われているようです。体長約25cmとヒメマルハシより一回り大きく、嘴もより長く大きく下に湾曲しています。全身灰褐色で英名のように頸から胸にかけて黒褐色の縦斑があるのが特徴です。

ヒメマルハシと同じ場所に一瞬、姿を見せてくれたマルハシ。ヒメマルハシに比べると警戒心が強く、すぐに飛び立ってしまいました・・・

マルハシ1

マルハシ2

今日は何れも台湾固有のチメドリ科の鳥、ヒメマルハシとマルハシをご紹介しましたが、近年、遺伝子レベルでの研究が進むにつれ鳥類の分類も大きく変化し、従来の亜種が別種として分離独立するケースも増えているようです。学名、英名は変更と同時に名前が付けられるようですが、和名についてはすぐには対応していないようで、そうなると英名あるいは学名で覚えるほうが便利ということにもなってきます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる