クロガシラ、シロガシラ

台湾探鳥記の続きで、今日は何れもヒヨドリ科の仲間、クロガシラとシロガシラをご紹介します。

最初はクロガシラです。

クロガシラ(Styan's bulbul)は台湾の東部から南部にかけて分布する台湾固有のヒヨドリの仲間で、和名のように頭頂が黒色で、目より下は白色、顎線は太く黒色で、顎線と嘴基部の境目に橙色の小さい斑点があるのが特徴です。

台湾東部の中海抜の公園で目にしたクロガシラ。2羽が仲良く寄り添っていました・・・

クロガシラ1

クロガシラ2

クロガシラ3

クロガシラ4

クロガシラ5

クロガシラ6

あまりはっきりとはしませんが、顎線と嘴基部の境目にある橙色の小さい斑点らしきものを何とか確認することができます・・・

クロガシラ7

クロガシラ8

次はクロガシラとよく似たシロガシラです。

シロガシラ(Light-vented Bulbul)は中国南部や台湾西部、日本などに分布するヒヨドリ科の鳥で、前述のクロガシラにも大変良く似ていますが、名前のように後頭部に大きな白斑があり、耳羽にも小さい白斑があるのが特徴です。日本では八重山諸島(石垣島・西表島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島)に留鳥として生息していましたが、近年は沖縄本島でも繁殖が広がり、作物への食害を起こしていることでも知られています。なお、かっては中国南部や台湾西部、日本に分布する個体群はそれぞれ別亜種と考えられていましたが、最近の研究によれば同じ亜種であると考えられているようです。

白い帽子のような頭が特徴のシロガシラ。

シロガシラ2

シロガシラ3

シロガシラ1

今日は何れもよく似たクロガシラとシロガシラをご紹介しましたが、両者の生息域は台湾中央を南北に走っている山脈を境に、東側ではクロガシラ、西側ではシロガシラというように見事な棲み分けができています。これほどはっきりとした棲み分けができる要因としては、両者ともに定住性が強いことに加え、台湾の地理的要因によるところが大と思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる