サンケイ

台湾探鳥記の続きで、今日は台湾の固有種、サンケイをご紹介します。

サンケイ(Swinhoe's Pheasant)は台湾の高地に生息するキジ科の鳥で、オスは全身暗藍色で、顔には紅色の皮膚が露出した肉垂れ、頭頂には白色の短い冠羽、上背は白色、肩羽は紅褐色で、そして尾羽は長く、特に中央の2枚の白色の尾羽が長いのが特徴です。

山地の道路脇に現れたサンケイのオス。体長約79cmと日本のキジより少し小さめですが、光の下では藍色や緑色の金属光沢が輝き、とても美しい鳥でした。奥にいるのは体色の地味なメス。

サンケイ2

サンケイ1

サンケイ4

サンケイ5

サンケイ6

サンケイ8

サンケイ9

間近にやってきたサンケイ。日本のキジとは異なり、長い尾羽がたっぷりありフサフサしています。

サンケイ10

その後、後ろ向きですが、キジやヤマドリなどがよく行う母衣打ち(ほろうち)をしてくれました・・・

サンケイ14

サンケイ15

こちらは体長約50cmとオスよりやや小ぶりなサンケイのメス。メスのほうは全身灰褐色で、目の周りの紅色の露出部分がとても印象的です。

サンケイ55

サンケイ52

サンケイ53

サンケイ54

サンケイ58

サンケイ59

今日は台湾のキジ科の中では最も美しいとされるサンケイをご紹介しましたが、今回、同じキジ科の台湾固有種・ミカドキジについては時間が足りず、次回の宿題となってしまいました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる