渡り途中のオオルリ

台湾探鳥記の途中ですが、春の渡りの中継地、トカラ列島に行ってきましたので、当地で出会った鳥たちをご紹介します。

最初は夏鳥の常連、オオルリです。

オオルリ(Blue-and-white flycatcher)は夏季には中国東北部、ウスリー、朝鮮半島や日本で繁殖し、冬季はインドシナ半島から大スンダ列島、フィリピンなどに渡って越冬。日本には夏鳥として4月下旬ごろに渡来し、南西諸島を除く北海道から九州までの全国各地で繁殖し、10月ごろまで見られます。

そんなオオルリですが、渡りの途中、島に立ち寄ってくれたようです。英名のごとく上面は光沢のある青で、白いお腹との対比が鮮やかなオオルリのオス。

オオルリ3

特徴である尾の基部の左右の白斑がよく分かります。

オオルリ2

オオルリ8

オオルリ10

オオルリ11

島に到着して間がないのか、疲れて道路わきで休んでいたオオルリ。

オオルリ5

オオルリ4

オオルリ6

こちらは頭から体上面、腮から胸にかけてがオリーブ褐色で、お腹には白みがあり、尾羽は茶色みがあるメス。

オオルリ54

オオルリ50

今日は渡りの途中、南西諸島の島に立ち寄ってくれたオオルリをご紹介しましたが、当地で体力を回復したのち、繁殖地である日本や中国東北部、ウスリー、朝鮮半島を目指して移動していくものと思われます。無事、繁殖を終え、来年もまた島に立ち寄ってほしいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる