ツバメチドリの大群

昨日の続きで、今日は帰りに立ち寄った奄美大島で目にしたツバメチドリ(Oriental pratincole)の群れをご紹介します。

何か鳥がいないかとサトウキビ畑を探索していると、およそ60~70羽ほどのツバメチドリの群れが大空を旋回している場面に遭遇しました。しばらく様子を見ていると、やがて近くのサトウキビ畑に降り立ちました。そっと車を近づけ撮影したのが次の写真です。

嘴基部が赤く、喉は黄白色で黒い線で囲まれ、白いアイリングが眼の下だけの夏羽のツバメチドリ。

ツバメチドリ20

ツバメチドリ24

畝の間で一列に並んで休んでいたツバメチドリ。

ツバメチドリ23

ツバメチドリ21

ツバメチドリ22

しばらくすると何かに驚いたのか、1羽が飛び立つとそれに続けて群れが飛び出しました・・・

ツバメチドリ25

ツバメチドリ26

ツバメチドリといえば、今までは単独あるいはせいぜい3~4羽一緒のところしか見たことがなく、今回のように数十羽の群れを見たのは初めてでした。北の繁殖地を目指して渡りをする彼らにとっては、このように群れで行動するのが最も安全なのでしょうね・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる