亜種タイワンハクセキレイ

昨日の続きで、今日は島で目にした亜種タイワンハクセキレイをご紹介します。

ハクセキレイ(White Wagtail)は11亜種に分類されていますが、その一つ亜種タイワンハクセキレイはロシア(中央シベリア高原以東のシベリア・極東地域)およびアラスカ西岸に分布し、日本国内にも少数が分布しています。過眼線があるなど容姿は亜種ハクセキレイと酷似していますが、本亜種は胸部の黒色が嘴の下までつながる点で判別することができます。

島の牛舎のそばで目にした亜種タイワンハクセキレイ。正面から見ると胸部の黒色が嘴の下までつながっていることがよく分かります。

タイワンハクセキレイ2

タイワンハクセキレイ1

タイワンハクセキレイ3

こちらは島の海岸線で目にした亜種タイワンハクセキレイ。海岸線には牛が放牧されており、その糞に集まる虫を狙ってセキレイ類が立ち寄るようです・・・

タイワンハクセキレイ5

タイワンハクセキレイ6

タイワンハクセキレイ7

タイワンハクセキレイ8

タイワンハクセキレイ9

タイワンハクセキレイ10

タイワンハクセキレイ12

今日は渡りの途中、島に立ち寄った亜種タイワンハクセキレイをご紹介しましたが、昨日の亜種ツメナガセキレイ同様、、南西諸島ではこの時期ごく普通に見られるセキレイの仲間と言えます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる