アマサギ

昨日の続きで、今日は島で目にしたアマサギをご紹介します。

アマサギ(Cattle egret)はアフリカ大陸、北アメリカ大陸、南アメリカ大陸、ユーラシア大陸南部、インドネシア、オーストラリア、日本、ニュージーランド、フィリピン、マダガスカルなどに広く分布し、夏季にアメリカ合衆国や朝鮮半島、日本などで繁殖し、冬季になるとアフリカ大陸北部、オーストラリア、ニュージーランド、フィリピンなどへ南下し越冬しますが、他の多くの地域では周年生息することが知られています。日本では亜種アマサギが夏鳥として本州以北に渡来し、九州以南では多数が越冬するようです。

島の海岸線で目にした夏羽のアマサギ。この場所では牛が放牧されているため昆虫類も多く、アマサギの格好の餌場となっているようです・・・

アマサギ1

牛の背中に着陸しようとするアマサギ。

アマサギ2

アマサギ3

一瞬、牛の背中に降り立ちましたが・・・

アマサギ4

すぐにタッチ&ゴーで飛び出しました・・・

アマサギ5

アマサギ6

アマサギ7

海上を飛翔するアマサギ。

アマサギ8

今日は島の海岸線で目にした夏羽のアマサギをご紹介しましたが、アマサギの英名は「牛と一緒にいるサギ」いう意味で、これは大型の草食獣の背中に止まって寄生虫を捕ることに由来しているようで、共生関係の例に挙げられることもあるそうです。名前の由来を知ると、いろいろなことが分かってきます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる